口語の例文や意味・使い方に関するQ&A

「口語」を含む文の意味

Q: 口語 とはどういう意味ですか?
A: 大きく分けて2つの意味があります。
(1) 会話で使う言葉、話し言葉(文章語に対して)
(2) 現代の日本語 (古い日本語に対して)

なお、(2)の意味では、文章に使う言葉であっても「口語」と呼ばれます。

「口語」の使い方・例文

Q: ‎【口語な表現】 を使った例文を教えて下さい。
A: ま?

「まじで?(really?)」の省略形です。

「口語」の類語とその違い

Q: 口語 と 話し言葉 はどう違いますか?
A: 口語 has two meanings:
- The modern Japanese language, as opposed to 文語 (the traditional Japanese language)
- The spoken language, same to 話し言葉.

話し言葉 means only the latter.
Q: 口語 と 話し言葉 と 口言葉 はどう違いますか?
A: 口言葉: not common
口語=話し言葉(spoken language)
Q: 口語 と 話し言葉 はどう違いますか?
A: Same meaning!
but I use "口語" more often than "話し言葉".

i hope this will help:)

「口語」を翻訳

Q: 口語的で「雨が降る」を「雨だった」と言いったら、初めて知りました は 日本語 で何と言いますか?
A: 話し言葉で「雨が降る」を「雨だった」と言うことを初めて知りました。...かな。
Q: 牠是一隻咖啡色身上帶有黑色斑點的狗(口語一點的的說法) は 日本語 で何と言いますか?
A: 彼は茶色の体に黒ぶちの模様がある犬だ。
Q: 一直找你講話是不是讓你很困擾(口語) は 日本語 で何と言いますか?
A: 大概是「直接話すことが、あなたを困らせてしまっていますよね」。
不好意思。我不能好地翻译”直找你“这个词。
Q:口語で)My holiday request was approved. は 日本語 で何と言いますか?
A: 「休暇申請が通ったよ」

「口語」についての他の質問

Q: 口語で崩れた日本語「すんじゃねえ」「へい(はい)」とかで話したら無礼だと思われる?
A: 仲のいい人たちとでなければ、そのような話し方はしないほうがいいでしょう。🙂
Q: 口語では、「食べていきます」は「食べてきます」に省略できますか?
A: 省略できません。
「食べてきます」=「食べて来ます」です。これは「食べて、戻って来ます」という意味になります。たとえば、あなたが仕事をしていて12時になったときに「あ、12時だ。ランチ食べてきます」なんて言うわけです。
ちなみに「食べていきます」=「食べて行きます」なので、これは「食べて、それから、(どこかに) 行きます」という意味になります。なので、もし、あなたが仕事をしていて12時になったときに「あ、12時だ。食べていきます」と言ったら、それを聞いた人は「え、食べて、どこ行くの??」なんて言うかもしれません(笑)

ただし!
会話では多くの人が「食べていきます」とハッキリ発音せず、「い」を弱く発音する可能性があります。そうすると「食べてきます」みたいに聞こえる可能性があります。
Q: 口語について情報を教えてください。多分文法とか特定の言葉とかリストとかホームページ。
つまりなんでもいい口語の情報が知りたい
A: https://ja.wikipedia.org/wiki/口語
http://writing-s.txt-nifty.com/kouza/2005/06/69_81b9.html
http://www.3anet.co.jp/ja-relation/bunshohyougen-ru-ru-katsuyoukoouza/129/


口語は人間の言語の基本となる形態である。「音声言語」という用語がこの意味で用いられることがある。アラビア語や近世日本語など、口語と文語の区別を持つ言語も多いが、言語や方言によっては、書記言語(文語)の体系を持っていないものもある。
文語(※)と違い規範文法が適用されないことが多く、「日本語の乱れ」等とされる言語の「ゆれ」、慣用的な言い回し、本来の意味とは違った用法も多く見られる。ただし公式に認められている言語(公用語)や共通語にもその口語があり、また方言による敬語が使われている地域(近畿地方中央部など)があり、社会的な受容度で区別される「俗語」の概念とは多少異なる。


※文語(書き言葉)
文語はある時点で標準化が行われるが、時代が経つと次第に口語と文語の間に著しい差異が生じてくる場合がある。例えば、言文一致運動前の日本語では、平安時代以来の書き言葉を標準にした文語体が使われていたため、庶民が話す言葉と文章に書かれる言葉の間にかなりの乖離が見られた。



口語ではしばしば語句の省略が起こり、文法的に見ると不完全と考えられることがある。例えば次のように、明白な語句の大きく省略されたものになることはよくある。

A: 今年の休暇はドライブに行くんだ。(私は今年の休暇はドライブに行きます。)
B: どこに?(どこにドライブに行くのですか?)
A: 富士山に。(富士山にドライブに行くのです。)
B: 誰と?(誰と行くのですか?)
A: 妻とだよ。(妻と行くのです。)
B: いつ?(いつ行くのですか?)
A: 6月。(6月に行くのです。)
Q: 口語について情報を教えてください。多分文法とか特定の言葉とかリストとかホームページ。
つまりなんでもいい口語の情報が知りたい
A: https://ja.wikipedia.org/wiki/口語
http://writing-s.txt-nifty.com/kouza/2005/06/69...
http://www.3anet.co.jp/ja-relation/bunshohyouge...


口語は人間の言語の基本となる形態である。「音声言語」という用語がこの意味で用いられることがある。アラビア語や近世日本語など、口語と文語の区別を持つ言語も多いが、言語や方言によっては、書記言語(文語)の体系を持っていないものもある。
文語(※)と違い規範文法が適用されないことが多く、「日本語の乱れ」等とされる言語の「ゆれ」、慣用的な言い回し、本来の意味とは違った用法も多く見られる。ただし公式に認められている言語(公用語)や共通語にもその口語があり、また方言による敬語が使われている地域(近畿地方中央部など)があり、社会的な受容度で区別される「俗語」の概念とは多少異なる。


※文語(書き言葉)
文語はある時点で標準化が行われるが、時代が経つと次第に口語と文語の間に著しい差異が生じてくる場合がある。例えば、言文一致運動前の日本語では、平安時代以来の書き言葉を標準にした文語体が使われていたため、庶民が話す言葉と文章に書かれる言葉の間にかなりの乖離が見られた。



口語ではしばしば語句の省略が起こり、文法的に見ると不完全と考えられることがある。例えば次のように、明白な語句の大きく省略されたものになることはよくある。

A: 今年の休暇はドライブに行くんだ。(私は今年の休暇はドライブに行きます。)
B: どこに?(どこにドライブに行くのですか?)
A: 富士山に。(富士山にドライブに行くのです。)
B: 誰と?(誰と行くのですか?)
A: 妻とだよ。(妻と行くのです。)
B: いつ?(いつ行くのですか?)
A: 6月。(6月に行くのです。)
Q: 「くらい、ぐらい」は口語だけ使用できる。 この表現は自然ですか?
A: 口語でだけ

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

口語

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問