可能の例文や意味・使い方に関するQ&A

「可能」を含む文の意味

Q: 可能か不可能かなんてやってみないとわからないじゃないですか。 とはどういう意味ですか?
A: You'll never know if it's possible or not, until you try.
Q: 可能性もあると見て とはどういう意味ですか?
A: ある物事が起こる可能性があると考えて
Q: 可能性をひとつひとつ通った とはどういう意味ですか?
A: その問題を解決するための方法を一つずつ考えた、という意味ですね。

でも「通った」はおかしな日本語です。
Q: 可能であってほしい とはどういう意味ですか?
A: I hope it will be possible
Q: 可能 とはどういう意味ですか?

「可能」の使い方・例文

Q: 可能性 を使った例文を教えて下さい。
A: 可能性がある。
There is a possibility.

可能性がない。
There is no possibility.

可能性が低い。低い/ひくい
Possibility is low

あなたには可能性があります。
You have a possibility.

彼が、そのサッカーチームの選手に選ばれる可能性が高い。
かれが、そのさっかーちーむの せんしゅに えらばれる可能性が たかい。
It is highly likely that he will be chosen as a player of that soccer team.
Q: 可能 を使った例文を教えて下さい。
A: 明日こちらに来ることは可能ですか?
Q: ⭐️可能です⭐️ (Kano desu) - It's possible を使った例文を教えて下さい。
A: You're welcome❢❣
Q: 动词可能形+ようなら を使った例文を教えて下さい。
A: 来られるようなら来てください。
If it's possible for you to come, please come.

もしこれも持てるようなら、運んでもらえると助かります。
If you can have(hold) this too, please take it (to somewhere). It would be a great help.
Q: ~が+可能動詞(例えばピアノが弾けます。2、3個の例文をお願いします) を使った例文を教えて下さい。
A: 1.私なら、その企画書を二週間で作れます。

2.ここから東京駅まで、30分で行けます。

3.あなたは、納豆が食べられますか?

4.この動物園では、パンダが見られます。

5.彼女は、三ヶ国語が話せます。

「可能」の類語とその違い

Q: 可能性 と 確率 はどう違いますか?
A: 可能性 in English means possibility. 確率 in English means probability.
Q: 可能動詞 と 可能の意味のある動詞 はどう違いますか?
A: 普通の動詞に、可能の意味を持たせたものが可能動詞です。
可能の意味のある動詞は、もともと可能の意味を持つ動詞です。たとえば「分かる」などがあります。
Q: 可能動詞 と 可能の意味のある動詞 はどう違いますか?
A: 布*をきれいに切ります。

でも、可能動詞の場合、「が」でも通じます。
布*がきれいに切れます。

布*をきれいに切られます(切る+られる)。
←こちらは「を」の方がいいです。
Q: 可能性 と 確率 はどう違いますか?
A: I think you are right, but 可能性 can also be used as a less strictly defined version of 確率. When we use 可能性 in this sense instead of 確率, we don't really intend to numerically quantify the probability.
For example, we say 可能性が高い when something is likely to happen.

* For 'likelihood' as a function from a parameter to the output of a probability model, we use another term "尤度(ゆうど)" in statistics.
Q: 可能の表現でたら と なら と ば と と はどう違いますか?
A: その前の例にある「勉強する」と「合格する」の関係を見ると、合格するためには、勉強が必要だというのがふつうですから、論理的に関係があると言えます。
しかし、「合格する」と「パソコンを買ってあげる」の関係を見ると、パソコンを買ってもらうには、合格することが必要(原因)だとは考えにくいことです。合格する以外にも、パソコンを買ってもらう方法や機会がたくさんあるからです。また、合格した結果として、パソコンを買ってもらうこと以外にも結果の選択肢がたくさんあります。このことから、「合格する」と「パソコンを買ってあげる」は論理的な関係が弱いと言えます。

「可能」を翻訳

Q:可能性についての討論も意味ないのだろうと思う」の「のだろう」はどういう意味ですか は 日本語 で何と言いますか?
A: 〜のだろう は色々な使い方があります。たとえば、
「顔が赤いから、熱があるだろう」と「顔が赤いから、熱があるのだろう」は少し違っていて、
「あるだろう」は断定的な言い方です。
「あるのだろう」は疑問がある言い方です。

〜だろうか?〜のだろうか?という質問をする場合では、
例えば「本屋はこの先だろうか?」と「本屋はこの先なのだろうか?」は少し違っていて、
「この先だろうか?」は自信がありますが、質問しています。
「この先なのだろうか?」は自信がなくて、質問している。

私は日本語の説明の経験が無いので、分かりにくい説明で、すいません。
Q: 你们可能不认识我,但你们可能认识我爸爸 は 日本語 で何と言いますか?
A: あなたたちは私を知らないかもしれませんが、私の父のことは知っているかもしれません。
Q: 怎么可能? は 日本語 で何と言いますか?
A: まさか?
Q:可能不知道的 は 日本語 で何と言いますか?
A: あなたは多分(たぶん)わからないでしょう。
Q: 可能會去東京或大阪,還在跟朋友討論中 は 日本語 で何と言いますか?
A: もしかしたら東京か大阪に行く。まだ友達と相談しているところだ。
(もしかしたらとうきょうかおおさかにいく。まだともだちとそうだんしているところだ。)
(moshikashitara Tokyo ka Osaka ni iku。mada tomodachi to soudan shiteiru tokoro da。)

「可能」についての他の質問

Q: 可能形を使う時、いつか助詞「を」使う?いつか「が」使う? 例文も使って説明してほしいです。
A:

あー、確かに、

「ピアノがひけます」
とか「が」ですよね。
でも多分、どういう時に「を」になるか、というruleはないような気がします。

ご飯が早く食べられます。
ご飯を早く食べられます。

これなんか、「が」と「を」、両方使えますしね。

あそこの駅で切符*を買えます。

じょうずに歌を(が)歌えます。

きちんと掃除ができます。

ひらがなが(を)書けます。





でも、基本「が」でいいと思います。

上の例文
「どうすれば、レポートの資料*が*探せるでしょうか?」
これでも、意味は通じます。
私たちも、そのように言うこと、あります。
Q: 可能形を使って質問する時、「は」と「が」と「を」はどう違いますか。
A: 「英語が話せますか」は、英語を強調しています。会話の中で、英語が重要な話題である時に使います。他の言語ではなく、英語が話せるかどうかを知りたい時に使います。

「英語は話せますか」は、「が」ほど英語を強調していません。英語以外にも話せる言葉がある場合や、他にも知りたいことがある場合などにこれが使われます。

「英語を話せますか」は、「が」と同様、英語に焦点を当てています。私の感覚としては、「が」ほどは強調はしていない印象です。
Q: 可能動詞について聞きたいんですが、
可能動詞は「ます」「ません」「ました」「ませんでした」がありますね。
例えば: 食べられます ・食べられません・食べられました・食べられませんでした。

聞きたいのは「食べられています」の言い方があるか教えて頂けませんか。
もしなかったら、理由を教えていただいたら幸いです。
よろしくお願いいたします。
A: 食べられていますと言う言葉はありますよ!

使い方としては、

フォーはベトナムで食べられています。

のような感じですね!
Q: 可能形のない動詞についてあまり分からないですが、
例:
(X)分かる → 分かれる
[分かる]の言葉は自分の可能を表示しますので、可能形がないですね。
それなら、考える、覚える、忘れる、死ぬ、思うなど可能形がありませんか。

さらに、良ければ、可能形のない動詞を教えてもらいますか。
(よく使う言葉なら、幸せです)

よろしくお願いいたします。
A: 考える→考えられる
覚える→覚えられる
忘れる→忘れられる
死ぬ→死ねる
思う→思える
可能と 受身(受動)が同じ形なので、最近は
考える→考えれる のように「ら」が脱落した形でも良い事になっています。
Q: 可能形 of 愛する
A: 愛せる
愛することができる

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

可能の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。