器用貧乏の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「器用貧乏」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. 四字熟語です。 ①器用(何でも上手くやることができる)ということが原因で、色々なものに手を出し、結局、1つも極めることができないこと。 ②器用(何でも上手くやることができる)ということが原因で、他人に上手く使われるだけで、結局、出世できないこと。 http://ejje.weblio.jp/content/%E5%99%A8%E7%94%A8%E8%B2%A7%E4%B9%8F 彼は器用貧乏だ。  He is a jack‐of‐all‐trades and master of none.

  • 「器用貧乏」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. ここでの器用とは、色んなことが上手にできる、 という意味です。 器用貧乏とは、器用なので色んなことに手を広げて、 1つのことに集中できずに成功しないことです。 「多芸は無芸」も、器用貧乏を表した言葉です。 器用貧乏の反対を表す言葉には、 「一芸に秀でる」があります。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

器用貧乏の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。