土地の例文や意味・使い方に関するQ&A

「土地」を含む文の意味

Q: 土地に設けてある とはどういう意味ですか?
A: something, a facility, building, is installed on the land
Q: 土地の慣習になじむ とはどういう意味ですか?
A: adapt to local custom
土地→land,area
地域→area,region
Q: 土地の権利書 とはどういう意味ですか?
A: document which proof you have the estate
Q: 土地柄 場所柄 仕事柄 季節柄 人柄 家柄 間柄 とはどういう意味ですか?
A: 「〜柄」はその特性を意味します。

例文:この独特の風習はまさに土地柄ですね。
独特な風習だが、その土地の特性(風土・風俗・文化など)から考えれば自然なことだ。

例文:伝統的な家柄
代々伝わるルールを持つ家族・家系

例文:つい質問してしまうのは、刑事の仕事柄ですね
刑事は普段から調べるのが仕事なので、普段もつい質問してしまうくせがある
Q: この土地に骨を埋める覚悟で頑張ります。 とはどういう意味ですか?
A: I'll do my best with the intention of burying myself in this land.

「土地」の使い方・例文

Q: 土地 を使った例文を教えて下さい。
A: 田舎の土地の値段は、とても安いです。

「土地」の類語とその違い

Q: 土地 と 敷地 はどう違いますか?
A: 敷地は、「ここからここまでがうちの敷地」みたいに、他人の家との境界線がはっきり、柵(さく)とがで区切らていて、家がすでに建ってるか、これから建てようとしてる感じに聞こえます。

例文 うちの敷地に勝手に入らないでください。

他人の敷地にゴミを捨ててはいけない。


土地は、はっきりした境界線がわからない場所などにも使います。

例文 ここら辺の土地はいずれ道路になる予定です。

こう使った場合、その土地はまだはっきりここからここまで、と決まってなくて 範囲はぼんやりしてます。


ただし、うちの土地、うちの敷地と言った場合は、その意味はほとんど同じだと思います。









「土地」を翻訳

Q: 这个土地已经在冰箱里放了三天了 は 日本語 で何と言いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: 土地资源是有限的,为了有效利用,人们尽量盖更高的房子 は 日本語 で何と言いますか?
A: 不客気〜
土地資源には限りがあり、人々は有効活用のため、できるだけより高い家屋を建てる。也可以!
Q: does this make sense:
土地の広大さにより農業が盛んで、乳製品や小麦などの食材の生産量が多く、料理に使われています。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 広大な土地での農業が盛んで、乳製品や小麦などの食材の生産量が多く、料理に使われています。

Example
北海道は広大な土地での農業が盛んです。乳製品や小麦などの食材の生産量が多く、地元の料理に使われています。

Added "Place (Subject)" and "What kind of cooking (Local food 地元の料理)"
Q: 土地 は 日本語 で何と言いますか?
A: 汉字一样啊 土地(tochi)

「土地」についての他の質問

Q:土地の払い下げ金」「分譲建物」の仮名はなんですか。教えていただいたら助かります
A: とちのはらいさげきん、ぶんじょうたてもの
但是我没听过「分譲建物」的说法
基本上我们说分譲住宅
Q: このラジコンカーは土地、砂浜、湿地、芝生など環境でも上手く遊べます。 この表現は自然ですか?
A: × このラジコンカーは土地、砂浜、湿地、芝生など環境でも上手く遊べます。
✓ このラジコンカーは土の上、砂浜、湿地、芝生など、どの環境でも楽しく遊べます。

この場合、土地とは言いません。代わりは「土の上」がよいかとおもいます。
上手く遊べます、はこの文章ではちょっと変です。楽しく遊べます、か、よく走ります、に代えないと変です。
Q: この土地には作物は育ちませんとされている。

この文は合っていますか?

もしくは、「この土地には作物は育たないとされている。」ほうがより正しいでしょうか?
A: 下が正しいです。
Q: 土地利用経済学からみると、一定規模の経営が小農経営より生産要素の巨大な節約が実現されることで、規模的効果を生み出している。すなわち、より高い労働生産力とより高い単位面積生産量である。
この表現は自然ですか?
A: × 土地利用経済学からみると、一定規模の経営が小農経営より生産要素の巨大な節約が実現されることで、規模的効果を生み出している。
土地利用経済学からみると、大農経営のほうが小農経営よりも生産要素の巨大な節約が実現でき、規模的効果を生み出していると考えられる。

× すなわち、より高い労働生産力とより高い単位面積生産量である。
✓ すなわち、より高い労働生産力とより高い単位面積生産量は効果があるといえる。

1. 「土地利用経済学からみると」という冒頭から始まっている文章なので、その人の「考え」「思考」ということになります。ですので述語部分は断定するのではなく「考えられる」とした方が自然です。単に学者の視点ではなく、客観的事実だけを言及する場合はこのままで構いません。「土地利用経済学からみると」という視点が存在するため、それは「考え」「思考」となります。

2. 「一定規模の経営が小農経営より生産要素の巨大な節約が実現されることで」この文では、一定規模の経営と小規模の経営を比べています。ですので両者の間に「ほうが」とつけると自然です。

3. 「小農経営」と比較する場合に、「一定規模の経営」を引き合いに出しても、その「一定規模の経営」が一体何の「経営」なのかわかりません。「小農経営」は単語に農業を表す農が入っていますので、「農業の経営」だとわかります。「一定規模の経営」の経営という単語に農業という意味を加える方法はいろいろありますが、「大農経営」という言葉があります。これは「小農経営」とちょうど対局になっていてわかりやすいです。ですのでこの言葉を選ばせていただきました。「一定規模」に「以上」という意味をどうしてももたせたいならば、「一定規模の農経営」としてあげると良いと思います。

4. 「すなわち」は前のセンテンスや文章を言い換えて言及する言葉です。ですので、「生み出している」と同じ意味をもたせる必要があります。単に「量」とする場合、「量」は名詞ですので「生み出している」の動詞の言い換えとはなりません。ですので「効果がある」という動詞をいれました。

5. 意見を述べて最後に締めくくる場合、「といえる」とするのが自然です。ここでの意見を述べている人は筆者本人になります。この文章では筆者本人が「土地利用経済学の視点」から思考し、このような事実になるという意見を述べているので、「といえる」とした方が良いです。筆者の思考によって決定されてない場合は、「といえる」は使いません。しかしその場合、この文章はまず「土地利用経済学の視点」とその言い換えを並べただけのものになります。
Q: 土地の人は誰でも凶悪そうだ。 この表現は自然ですか?
A: 凶悪という言葉はとても悪い意味でのみ使います。例えば、何かの事件を犯した凶悪犯 のように使います。

土地の人たちが怖そうな雰囲気を出していることを言いたいなら、「土地の人は皆、怖そうだ」または、土地の人たちがこちらに暴力を奮いかねない風貌なら、「土地の人たちは皆、凶暴そうだ」あたりかと思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

土地

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問