地獄変の例文や意味・使い方に関するQ&A

「地獄変」についての他の質問

Q:地獄変」は芥川さんによって書かれました。 この表現は自然ですか?
A: We generally do not call Ryunosuke Akutagawa 芥川さん. It is better to say 芥川龍之介 instead of 芥川さん.
Q: 地獄変の粗筋

  平安時代、堀川の大殿様がいます、彼に仕える絵師の話です。噂に聞きますと、大殿様の誕生になる前には、大威徳明王の姿が御母君の夢枕にお立ちになった。大殿様は度量の大きい人物です。妖怪や幽霊ですら逃げ出すような威光を放ち、庶民の間では神仏に例えられるほどです。
 絵師は良秀と言います、その頃絵筆をとりましては、彼の右に出るものはいない。でも彼は意地の悪いそうな老人です。殿様にも物怖じしない人物です。彼は猿秀と言う渾名があります。
でもそんな彼には娘がいて、ひどく寵愛しています。娘は、良秀とは違って、愛嬌があって利口です。良秀の娘と小猿との仲がよくなりました。娘は大殿様の御前になりました。
A: 話(小説?)の中で「大殿様」ということがが使われていましたか?
平安時代で「殿様」は違和感があります。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

地獄変

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問