天候の例文や意味・使い方に関するQ&A

「天候」を含む文の意味

Q: 天候不順に強い作物 とはどういう意味ですか?
A: 「~に強い」は「影響を受けない/平気」という意味です。
e.g. 雨に強い=雨の影響を受けない
お酒に強い=お酒をたくさん飲んでも平気

「天候」の使い方・例文

Q: 天候 を使った例文を教えて下さい。
A: 天候がよければ外で遊びに行きましょう。

「天候」の類語とその違い

Q: 天候 と 天気 と 気象 はどう違いますか?
A: ほとんど同じような意味と考えてもいいですが、
普段の会話では天気>天候>気象の順でよく使われます。
例:
1.今日は天気がいいね。
2.明日は天気が悪いみたいだよ
3.来週はずっと天気がいいみたい。

天候は旅行先など普段自分がいないところの一定期間、または自分の住んでいるところの一定期間の雨や晴れ具合を説明する時に使う事が多いです。
1.この国は冬の天候が悪い
2.日本では天候が変わりやすい

気象は天気や天候より規模が広い範囲でニュースや、論文、少し難しい話をする場合に使われる事が多いです。
1.今週の全国の気象情報をおしらせします。
2.環境破壊により、世界の気象の移り変わりが激しくなっている。
Q: 天候 と 天気 はどう違いますか?
Q: 天候 と 天気 はどう違いますか?
A: Almost the same meaning. 天候 sounds more formal than 天気, so we often use 天気 in casual conversation.
Q: 天候 と 天気 はどう違いますか?
A: 天気・天候・気候は、表す期間によって使い分けられる。

天気は、数時間から数日間の気象状態。

天候は、天気よりも長いが、一週間や一カ月など比較的短い期間の気象状態。

気候は、一カ月以上の長期にわたる気象の平均的な状態をいう。


天気と天候には、期間以外の使い分け方もある。天気は日常語、天候は「天気の硬い表現」として使われる。
「天気の回復を待つ」と「天候の回復を待つ」は、同じ意味・同じ期間であるが、「天気」と言うより「天候」と言った方が硬い表現になる。

https://chigai-allguide.com/天気と天候と気候と気象/
Q: 天候 と 天気 はどう違いますか?
A: 天気】
(1)ある場所、ある時刻の気象状態。気圧・気温・湿度・風向・風速・雲量・降水量などを総合した大気の状態。
(2)雲の多少、降水の有無など、空のようす。

天候】 
数日から二、三か月ぐらいの期間の、大気の状態。天気と気候のほぼ中間の概念。

「天候」を翻訳

Q:天候が寒いですか。」は正しいですか。 は 日本語 で何と言いますか?
A:天候が寒い」は間違い。

「寒いですか」「気温は低いですか」などが自然な表現だよ。

「天候」についての他の質問

Q:天候にかかわらず実施します」
これを「天候に関係なく実施します」に置き換えですますか?
A: 意味は同じです

ですから、会話なら置き換えてもok.


でも、連絡文書では、「天候にかかわらず」というのが、定番の表現になっています。

天候に関係なく…
だと、ちょっと口語的な表現です
Q:天候」と「天気」

この二つの言葉がどう違いますか。
あまり分かりませんが ^^;;

宜しくお願いします !
A: climate and weather
Q: にとって 天候不順 この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: 天候と天気はどうちがいますか?
A: @greenkiwinewyork:
mean is same.
Q:天候」は会話でよく使う言葉なんでしょうか?
A: 日常の会話ではあまり使いません。天気をよく使います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

天候

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問