夫の例文や意味・使い方に関するQ&A

「夫」を含む文の意味

Q: 1.は本は読まないかわりに、新闻はすみずみまで読む とはどういう意味ですか?
A: The husband doesn’t read books but he reads every single section in the newspaper instead.
Q: を立てる とはどういう意味ですか?
A: を尊敬している様子を誰かに見せることだと思います。
To show someone she respects her husband.
Q: の眼の色は少しもさっきと変わりません とはどういう意味ですか?
A: 眼ではなく、目だと思います。

「態度や表情が一切変わらない」という意味になると思います。
Q: 熟 とはどういう意味ですか?
A: immature 未熟
Q:の親」から受けている割合を上回ったことが21日 とはどういう意味ですか?
A: 21日に分かった。→何が?
結婚している婦のうち親から援助を受けている割合→
妻の親からの援助がの親からの援助より上回った(増えた)こと

「夫」の使い方・例文

Q: のちんぽが入らない (what does this mean) を使った例文を教えて下さい。
A: do you know this sentence may be about sex.
Please tell me the sentences before and after.
Q: 々 を使った例文を教えて下さい。
A: ・この学校を卒業をしたあとは、皆 それぞれ別の道を歩んだ。
・このノートの使い方は、人それぞれです。
・それぞれに良いところがある。

pero, usamos este kanji:其々 o それぞれ(hiragana).
yo no lo habia sabido :々.

「夫」の類語とその違い

Q: が妻にケーキを作った。 と 妻はにケーキを作ってもらった。 はどう違いますか?
A: >「もらった」を抜いたら、下の文は正しくなくなりますか。

「妻はにケーキを作った。」という文ですか?文は正しいですが、ケーキを作った人が妻になりますよ。
「妻はにケーキを作ってもらった。」--> 妻は"私のために"「がケーキを作った」と思っているのです。
Q: と 良人 と ご主人 と 旦那 と 亭主 はどう違いますか?
A: with 私の
私の is a relatively formal way  
私の良人  we don't use 良人 in everyday life
私の主人  is also a relatively formal way, but we don't say 私のご主人 for husband; it sounds like "my master" for a butler
私の旦那  is a casual way,
私の亭主 is also a casual way, and the last two sounds she looks down her husband.
with あなたの
あなたの a little unnatural
あなたの良人 we don't use this.
あなたのご主人 sounds most probable and polite.
あなたの旦那 、亭主 both okay in casual conversation, but sound rude to the husband.
Q: と 旦那 と ご主人 はどう違いますか?
A: 、旦那は自分のhusbandに対して、ご主人は、他人のhusbandに対して使います。
「旦那さん」なら、他人に対しても使えますが、かなりcasualです。
Q: と 旦那さん はどう違いますか?
A: 旦那はくだけた呼び方で、人によっては主人のことをそう呼んでいる人のことを不快に感じることがあるようです。

日本語としては主人が丁寧な一般的な言葉だそうです。新婚さんや若い女性は husband を主人と呼ぶのは恥ずかしいと思う人もいたりと、難しいところもあります。

は公式文書でも使われる正式用語みたいです。確かに、アンケートや公式文書を書く際には が使われてます。

自分の husband なら 主人、他人の husband なら ご主人 を使われるのがよいかと。
Q: の服をハンガーに掛けた と ハンガーにの服を掛けた はどう違いますか?
A: No difference at all, absolutely the same.

「夫」を翻訳

Q:もぜひ一度お目にかかりたいと()おりました。答えは「申しておりました」どうして「存じておりました」はダメでしょうか。ご教示頂けますでしょうか。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 「申しておりました」

言っていました

「存じておりました」

知っていました

という意味です。
Q: を呼ぶ呼称. 「ご主人様」は、多くの使用ですか? は 日本語 で何と言いますか?
A: ご+様 is very honorific expression but it was established many many centuries ago when feudalistic class system was so strong.

In present days, it is felt rather too much because class disparity has been weakened, moreover about gender disparity.

Except in some situations such as shopping or business occasions where some people feel it natural and comfortable, most of citizens in daily life usually omit 様 and saying ご主人 like お宅のご主人、あなたのご主人・・・.

Certainly husband of a person who is felt as speaker's side, ご must be omitted like 姉の主人、従姉妹の主人、わたしの主人.
Q: 小岛秀 は 日本語 で何と言いますか?
A: 小島 秀夫(こじま ひでお)
「島」の漢字が日本語だと「島」です。
Q: 萨丕尔-沃尔假设 は 日本語 で何と言いますか?
A: サピア=ウォーフの仮説
我也觉得这个假设有道理。

「夫」についての他の質問

Q: がいたころは、枝豆えだまめ大好きだったから、「店に出ているかぎり毎晩でもいいから」と言われて、夕食にゆでたてを出していた。晩酌ばんしゃく(注1)がまずくなるからと、昼食も控ひかえる(注2)ときもあったくらいで、ましておやつに枝豆など考えられなかったであろう。その習慣で私も枝豆は夕食のものと思い込んでいた。
誰か大体の意味でいいですので晩酌のところから説明してただけませんか
A: 空腹の状態で晩酌の時間を迎えたいがために、昼食を抜くことがあったということだと思います。

おなかがへっている方が、その後に食べるものをおいしく感じますよね?この人の場合は、晩酌のときの枝豆をおいしく食べるために昼食を抜いていたということです。
枝豆のために昼食を食べないこともあったくらいの人なので、おやつに枝豆なんて食べるわけがない。
そのような人と一緒にいて、それに慣れていたので、自分も枝豆と言ったら夕食に食べるものだと思い込んでいた。

だと思います。
理解しにくい文章ですね。
Q: how do you call the wife of your husband's brother?の兄弟の奥さんはどう言えばいいですか
A: 年上なら 姉さん (First name)さん

同い年 もしくは 年下なら
(First name)さん
Q: のためにオムレツを作るの欲しい。 この表現は自然ですか?
A: best
のためにオムレツを作りたい。
Q:」、「妻」の一般的な言い方は何でしょうか?
様々なのあるので、違いがわかりません。
「旦那」「ご主人」

妻、人、家内、女房、嫁

全てを聞いたやら読んだことがあります。
A:

They all mean "husband" and the wives can use any of them as it is, but others put honorific words when they address someone's husband.

Wife Others
旦那 as is (casual) 旦那さん
主人 as is (common) ご主人
as is (formal) ❌

They all mean "wife", but others can use only two of them when they address someone's wife.

Husband Others
女房 as is (casual) ❌
嫁 as is (casual) お嫁さん
カミさんas is (casual) ❌
奥さん as is (strange) as is
家内 as is (common) ❌
妻 as is (formal) ❌
Q: 、娘、わんちゃんと猫ちゃんの一緒に寝ている姿を見て「私はやっぱり大変幸せだな。ありがたいな。」と思っていた。神様!今日、ご飯食べられたり、家族と一緒に過ごせたりすることが出来て感謝の言葉もありません。 この表現は自然ですか?
A:
「わんちゃん、猫ちゃん」は敬称の一種なので、自分の身内に対して使うのは不自然です。話し手が幼い子供に向かって話している場合ならそういう話し方をする人も居ますが、この例文は独り言なので、状況的に合わないように感じます。

「思っていた」は、思う状態が継続中だったという意味です。寝ている状態も継続しているので、この場合、「見て」の方も「見ながら」と継続する形にした方が自然に感じます。

二行目は祈りですね。神様は目上の存在ですから、祈りの言葉は丁寧な言葉使いが一般的です。感嘆符(通称:びっくりマーク)「!」は、日常的には広く使われているものの本来日本語には存在しない記号です。敬語の書き言葉などには使わない方がいいでしょう。

「感謝の言葉もありません」は、言葉では表現できないほど感謝している、という意味で使われる表現ですね。世俗的には自然ですが、個人的には、祈りの言葉としては不適切な気がします。なぜなら、祈りというのは神様に言葉を捧げる行為なのに「言葉にできない」と言うと「祈るべき言葉を持っていない」ということになり、矛盾が生じるのではないか、と思うからです。

例:
と娘、それにうちの犬と猫が一緒に寝ているのを見ながら、私は改めて「本当に私は幸せだな。ありがたいな。」と思っていた。
神様、今日も私が食事できること、また家族と一緒に過せることに心から感謝いたします。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問