妾の例文や意味・使い方に関するQ&A

「妾」を含む文の意味

Q: が敗れるということは......この世界そのものがこやつらに屈するも同然..... とはどういう意味ですか?
A: =「わらわ」=私=わたし
そのもの=それじたい、今話していること、当事者
この文章における「そのもの」は、前の語を強めるはたらきを持ちます。

「この世界」を強めているので、「この世界全体が」という意味で考えるとわかりやすいかもしれません。


屈するも同然 とは、屈するのも同じ、屈するのと同じ と言いかえることもできます。
つまり、「(私が)敗れる=(世界が)屈する ということだ。」ということです。

屈するとは、be dominated (支配される)のような、相手の命令に従わざるを得ないkingとslaveのような関係になることです


したがって、この文が言いたいことは、
自分が負けるということは(自分だけの問題ではなく)、世界全体が支配されることと同じことだ。
ということです。

「妾」の使い方・例文

Q: (わらわ) を使った例文を教えて下さい。
A:を楽しませよ。
は退屈じゃ。

は特殊な一人称です。役割語が文末につく傾向があります。使われるのはアニメかドラマの中くらいですね。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問