宋の例文や意味・使い方に関するQ&A

「宋」を翻訳

Q: 志博 は 日本語 で何と言いますか?
A: ソウ シハク
Q:”姓 は 日本語 で何と言いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: 家王朝 は 日本語 で何と言いますか?
A: そうけおうちょう

「宋」についての他の質問

Q:の時代における共―接続詞の一例は次のとおりである:」この文は自然でしょうか?
A: 論文か何かでしたら、次のように書くでしょうか。🙂

代における接続詞「共」の用例には、次のようなものがある。
Q: 時代の昔、ある家族は霜焼けの薬を作るのが得意でした。代々はその薬を手に塗って、洗い物で生計を立てていた。

ある人はその薬の作り方を金100両で買いたいと願った。

人は家族の人を集めて会議し「先祖代々が洗い物で生計を立てて、せいぜい金何両しか稼げなかったし、今度この作り方を売るだけで100両も貰えたるなんで、いい商売じゃないか」と売ることにした。

その人は作り方を持て、呉の国王に献上した。ちょうどその時、呉国は他の国と戦があって、冬だったので、その薬を使って、相手国を負かした。

呉王は大変喜んで、その人に大きな土地を与えた。

同じ霜焼け薬なのに、国王に賞をもらった人いれば、洗い物で使う人も居た。用途によって、差がこんなにあったんだ。 この表現は自然ですか?
A: 昔、の時代に、霜焼けの薬を作るのが得意な家族が居た。代々その薬を手に塗って、洗い物で生計を立てていた。

ある人がその薬の作り方を金100両で買いたいと願い出た。その家の主人は家族を集めて話をし、「先祖代々洗い物で生計を立てて、せいぜい金数両しか稼げなかったし、この作り方を売るだけで100両も貰えるなんて、いい話じゃないか」と言って売ることにした。

薬の作り方を買った人は、作り方を呉の国王に献上した。ちょうどその時、呉国は他の国と戦をしていて、冬だったのでその薬を使って、相手国を打ち負かした。呉王は大変喜んで、その人に大きな土地を与えた。

同じ霜焼け薬なのに、国王に大きな土地をもらった人がいれば、洗い物しかで使わない人も居る。同じものでも使い方によって、こんなにも儲けの差ができるんだ。
Q: の時代に陳という人が居て、小さい枝を一発で射当てたので彼はとてもドヤ顔をしていた。

ちょうど彼の隣に油屋のおじいさんが居て、おじいさんは油の容器の口に銅銭を置いて、油をよそって、高い所から銅銭の穴を通して、油の容器の中に注い込んだ。

彼はおじいさんの技を見て、とても驚いたようで、なんでこんな事が出来るのと聞いたら、おじいさんは「別に難しい事ではなく、ただ熟練の技だけだ」と答えた。 この表現は自然ですか?
A: 注い込んだ は 注ぎ込んだ が正しいです。
ただ熟練の技だけだ は ただの熟練の技だ のほうがよいと思います。
Q: 词を日本語に訳してみたい。
言葉遣いは適切するかどうか自分もあまり分かりません。

興味があるのみんな、助けてくれませんか。
元夕之旅(元夕→元宵)
乍暖还寒难将息
与友携游赏枝低
桃李未放柳依依
游人满地俱欢喜
商贾倾巢来相聚
小食飘香飞万里
人浪灯花多浩瀚
只源今日是元夕
A: とりあえず前半部だけ。

ノコル サムサ ニ
ネムリ モ アサク

トモ ト ミニユク
モモ ナシ ノ エダ

ハナ モ ボクラ モ
マダ ジュンビ チュウ

ソゾロ ユク ヒト
ミナ エガオ


[残る寒さに眠りも浅く]
[友と観に行く桃梨の枝]
[花も僕らもまだ準備中]
[そぞろ行く人みな笑顔]


というのを思い付きました。

【桃李】は、実際の花と【学生】の両方の意味を兼ねているという理解で良いですか。

七・七
七・七
七・七
七・五

という形にしたのは、
井伏鱒二の唐詩訳のマネですが💦

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問