実力の例文や意味・使い方に関するQ&A

「実力」を含む文の意味

Q: 実力派俳優・菅田将暉の会いたい人「神木隆之介」
同番組のインタビューで「同世代の俳優・女優の中で今刺激を受けている人は?」という質問に、「まだお仕事をしたことがないっていう意味でいうと、神木隆之介くん」と神木の名前を上げた菅田。「僕が(俳優を)全然やる前からやっていますし、1回ちゃんとお会いしたいなって思います」と明かし、神木の魅力について「“丁寧さ”と“普通の主人公”ができるってすごい」と絶賛した。 とはどういう意味ですか?
A:

Ryunosuke Kamiki is the person that talented actor Masaki Sugata wants to meet.


In an interview on the same show, he was asked, "Who are the actors and actresses of your generation that inspire you right now?

When asked if he had ever worked with Kamiki before, Sugata replied, "As far as I'm concerned, I've never worked with him before, but I'd like to meet him.
He has been doing this since before I started acting, so I'd like to meet him once," he said, revealing Kamiki's charm: "His politeness and his ability to be an 'ordinary protagonist' are amazing. He raved about it.

Q: 実力を蓄えるほどに とはどういう意味ですか?
A: 「技能レベルが上がれば上がるほど」という意味です。

下手だけど一生懸命頑張っている人を応援することが楽しかったが、レベルが上がってプロフェッショナルになると、もう応援することが面白くなくなって、人気が無くなっていった、ということです。
Q: 実力を身につける とはどういう意味ですか?
A: develop one's abilityという意味だと思います。

実力=能力

また、「実力をつける」とも言うことができます。
Q: 実力がなさすぎて。いつまで経っても成長できない とはどういう意味ですか?
A: I have too little ability. I will never improve.

というような意味ではないでしょうか…。
Q: 実力はあるのだから,今回の結果は運がなかったとしか言いようがない とはどういう意味ですか?
A: I have nothing left to say except that you were just unlucky with this result, since I know you have enough ability.

🤔

「実力」の使い方・例文

Q: 実力 を使った例文を教えて下さい。
A:実力で勝ち取った勝利です」
「運も実力のうち」
「今回の敗因は、実力不足です」
Q: 実力 を使った例文を教えて下さい。
A: 試験に落ちたのは、私にはまだまだ実力がないからです。
"I failed the exam because I'm not good enough yet."

Q: 実力 を使った例文を教えて下さい。
A: 1.実力がわかる
2.実力がついてきた
3.実力をみせる
4.実力がある
5.実力がない
Q: 実力 を使った例文を教えて下さい。
A: 毎日勉強していたら、少しずつ実力がついてきた。
=まいにちべんきょうしていたら、すこしずつじつりょくがついてきた。

彼は、十二分に実力を発揮して、見事試験に合格した。
=かれは、じゅうにぶんにじつりょくをはっきして、みごとしけんにごうかくした。

「実力」の類語とその違い

Q: 実力 と 能力 はどう違いますか?
A: 彼は実力で勝利を勝ち取った。
彼の能力は非常に高い。

能力は彼が持っている力
実力は彼が実際に発揮できる力

彼は能力があるのに、あまり実力を発揮でていないようだ。
Q: 実力 と 能力 はどう違いますか?
A: The word 実力 suggests the speaker does not know the real ability.

「実力」についての他の質問

Q: 実力が上がらない この表現は自然ですか?
A: はい~~☆自然すぎて日本人じゃないかと思いました。
Q: 벌어짐; 격차; 차.

実力の開き
得点の開き
相当な開きがある

ここで開きを全部違いに変えられますか?
A: 実力の開きは実力の違い(実力の差,実力差)に変えられると思います。得点の開きは得点の違いとは言わないかもしれません。得点の差,得点差とは言います。私は何故なのかかわかりませんが,もしかすると数字で比べられるものは「違い」とは言わないのかもしれません。例えば身長の差とは言いますが身長の違いとはあまり言わない気がします(もちろんそれでも意味は伝わります)。
また,「相当な開きがある」は熟語のようなものなので,「違い」にも変えられますが普通は以下のように「相当な開きがある」で使います。
A社とB社には技術力に相当な開きがある
Q: こんな実力を傷めるのは余りにももったいない この表現は自然ですか?
A: It's very wasteful to use this ability such a thing.
という意味ならば、
こんなことに使うのは、能力のむだづかいだ。 です。
Q: 実力を増えるためにはなんもする! この表現は自然ですか?
A: 実力をつけるためなら何でもする!
Q: 実力が増えたみたいですね。 この表現は自然ですか?
A: 実力が伸びた、実力が上がった

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

実力

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問