対応の例文や意味・使い方に関するQ&A

「対応」を含む文の意味

Q: テイクアウト・UberEatsにも対応 とはどういう意味ですか?
A: Available for takeout/UberEats orders
Q: 対応 とはどういう意味ですか?
A: deaingl with something
handling a certain situation
responding to some situation that needs dealt with
managing something
Q: 対応を変える とはどういう意味ですか?
A: "対応を変える" means "changing how to treat or deal with someone or something."
Q:対応 とはどういう意味ですか?
A: Не поддерживается
Q: 対応する とはどういう意味ですか?

「対応」の使い方・例文

Q: 対応 を使った例文を教えて下さい。
A: おっしゃる通りです。
Q: 対応 を使った例文を教えて下さい。
A:
「ヨーロッパ史に対応している本はこれです」は OK!!
「彼は勉強に対応します」は不自然なので言いません✕!
Q: 対応 を使った例文を教えて下さい。
A: このアプリはiOSに対応しています。
あそこのマックの店員は対応が悪い。
Q: 対応がまずい を使った例文を教えて下さい。
A: 警察の対応はまずく、容疑者はいまだ捕まっていません。
Q: 対応する を使った例文を教えて下さい。
A: デジタル放送(ほうそう、broadcasting)に対応した最新の技術(ぎじゅつ、technology)

「対応」の類語とその違い

Q: 対応 と 応対 はどう違いますか?
A: 対応 ⇒ to thing
応対 ⇒ to person
Q: 対応 と 反応 と 返事 はどう違いますか?
A:
対応〜状況を見て対処すること。
(例文) 突然の事態に対応する。



反応〜 ある出来事に対して動くこと。
(例文) その情報に反応する。
Reaction
Q: 対応(する) と 応対(する) はどう違いますか?
A: 意味は同じです。
対応は今はよく使われる言葉ですが、応対は昔のビジネス用語です。
私が25年前に会社で働いた時は「応対いたします」や「私が応対させていただきます」というオフィシャルな時に使うように、会社の研修で習いました。
「応対」の方が少しだけ相手を敬う気持ちが強い言葉なのかもしれません。
Q: 対応する と 扱う はどう違いますか?
A: @one55
対応する:  correspond, react, deal with 〜 ...
「丁寧に対応する(respond politely)」「迅速な対応(quick response)」
扱う: treat, manage, handle...
「丁寧に扱う(treat carefully)」「道具を乱暴に扱う(treat the tools roughly)」
Q: 対応 と 応対 はどう違いますか?
A: ●応対 is always for / to poeple.
eg : あの会社の電話応対は、良い。
(it does not mean the person directly in this example, however it includes a meaning of what people do. That's why we use 応対 in this situation.)

対応 is almost for a situation / an issue.
eg : その問題に対応しなければいけない。

「対応」を翻訳

Q: 対応 は 日本語 で何と言いますか?
A: 対応
たいおう

「対応」についての他の質問

Q:対応をいただき、ありがとうございました。テンプレットメールを保存して、今度きっちんと対応します。
Thank you for handling this matter. I will save the template mail and handle it properly next time. この表現は自然ですか?
A: × テンプレットメールを保存して、今度きっちんと対応します。
✓ テンプレートメールを保存して、次回よりきちんと対応します。

「テンプレートメールを保存して、次回よりきちんと対応します。」
は、少しカジュアルな言い方ですけどね。

すべて、敬語で言うのであれば、
「テンプレートメールを保存して、今後正しい対応をいたします。」と言います。

next timeは、「今度」「次回」「次の機会」などと翻訳されますが、この文章のcontextとしては、
「本件ではテンプレートメールが無かったか、あってもそれに(私は)従った対応ができなかったが(なにか不手際なことをした)、(あいてが)柔軟な対応をしてくれたおかげで希望通りになったことに対してのお礼と、次に同じような依頼をする場合は、テンプレートを使ってきちんと(不手際がないように)対応します。」なので、

「今からこの先後ずっと(from now on)」という意味のある「次回より」や「今後」を使った方がいいと思いました。
Q:対応方針が分かりつつあります】この中に【つつ】を説明してもらえませんか。使用方法がわからないです。
A: この場合の「つつ」は、分からない状態から分かる状態への過程にあることを示す。(在了解应对方针的路上)
Q:対応」は
1「ある問題の対策として対応する」
2「人を接する」(人に、人を、とっちが合ってますか?)

1,2の意味で使えますか?
A:

どちらにも可能ですが、
人に対応する、は
人に「応対する」というほうが一般的だと思います。


この問題への対応策を協議する。


来客への応対は受付係の仕事です。
Q: 対応方針のご確認 この表現は自然ですか?
A: EX:「今後の対応方針のご確認をお願いしたいのですが、今、お時間よろしいでしょうか」のような文章が思いつきます。
Q: 対応タイミングがお分かりになり次第、またご連絡ください。
よろしくお願いいたします。 この表現は自然ですか?
A: 〜がお分かりになり次第、またご連絡ください。は、とても自然です:)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

対応

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問