届けの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「届け」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. 日本では銀行などに印鑑を登録する仕組みがあります。 登録の届け出を出した印鑑なので届け印です。 https://www.ifinance.ne.jp/glossary/savings/sav068.html

    1. 文の意味
    2. In that case, goru ni “ Tadori tsu ku “ or “ toutatsu suru is more commonly used rather than “ todoku “. But you can use 手が届く to describe “ hand is/will physically reach to the goal “.

    1. 文の意味
    2. Someone who delivers something?

    1. 文の意味
    2. 届け(るためにそちら)に行く。

    1. 文の意味
    2. 必ずしも物理的に物を届ける場合に限らず、情報やサービスを提供する際にも使います。 例(テレビやWEBなどで) 暮らしに役立つ情報をお届けします

  • 「届け」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 届け届けること。配達すること。 ② 申し出ること。届け出ること。 「 -を怠る」 「無-」 「 -を済ます」 ③ 届け出る書面。届け書(しよ)。 「 -を提出する」 「転居-」 出す ① 中にあったものを外へ、または、人に見える所に、移す。 ⇔ 入れる 「冷蔵庫から牛乳を-・す」 「かばんから書類を-・す」 「ゴミを家の前に-・す」 「うみを-・す」 「銀行へ行ってお金を-・して来る」 ② 外の方へ出っぱらせる。突き出す。 ⇔ 引っ込める 「脈をみますから左手を-・してください」 「窓から顔を-・す」 「庇(ひさし)を深く-・す」 ③ 人に見える場所に設置・掲示・展示する。 ⇔ 引っ込める 「へいに掲示を-・す」 「見本をウインドーに-・す」 「看板を表に-・す」 ④ おおわれていた物を露出させる。 ⇔ 隠す 「白い歯を-・して笑う」 「真相を明るみに-・す」 「木が芽を-・す」 ⑤ 世の中に広く発表する。 「同人誌を-・す」 「新製品を-・す」 「広告を-・す」 「一〇〇万円寄付しますが、私の名前は-・さないでください」 ⑥ 乗り物を出発、または運行させる。 「臨時列車を-・す」 「迎えの車を-・す」 「波が高いので船を-・すことができない」 ⑦ 店舗をある場所に設ける。 「駅前に店を-・す」 ⑧ 人や動物を内側から外へ、またはよく見える所に、移す。 ⇔ 入れる 「子供を外へ-・す」 「犬を庭に-・す」 ⑨ 人をいつもいる場所から、離れた所へ行かせる。 「息子を東京へ-・してやる」 ⑩ 自分の子供を、他の家族の一員となるよう家族から離れさせる。送り出す。 「娘を嫁に-・す」 「息子を奉公に-・す」 ⑪ 学校を卒業させる。 「大学まで-・した」 ⑫ ある目的のために人を行かせる。派遣する。 「子供を使いに-・す」 「救助隊を-・す」 ⑬ 人々を接待するところに仕事に行かせる。 「娘を店に-・す」 「若い子をお座敷に-・す」 ⑭ 多くの人々が見たり聞いたりするものに登場させる。 「子供をピアノの発表会に-・す」 「社員をテレビに-・す」 「絵を展覧会に-・す」 ⑮ 人の前に連れて来る。 「『社長を-・せ』とわめいている」 「責任者を電話口に-・してください」 ⑯ 客などに、飲食物や金品を供する。与える。 「来客にお茶を-・す」 「客におしぼりを-・す」 「社員にボーナスを-・す」 ⑰ 金を支払う。 ㋐ 代金を支払う。 「一万円-・して買ったネクタイ」 「学資を親に-・してもらう」 ㋑ ある事業のための費用を負担する。出資する。拠出する。 「会社設立の資金を-・す」 「みんなで金を-・す」 ⑱ 物をしかるべき所に渡す。差し出す。提出する。 「スーツをクリーニングに-・す」 「入学願書を-・す」 「答案を-・す」 ⑲ 手紙・小包などを発信・発送する。 「恩師に手紙を-・す」 ⑳ 活字になったものや話などの中に登場させる。 「家庭内のことを職場で話題に-・す」 ㉑ ある集団が役員を選出する。また、ある場所が、結果として、世の中で活躍している人を生みだす。 「クラスごとに PTA の役員を-・してください」 「本県からは総理大臣を二人-・している」 ㉒ 論理の結論や根拠を明らかにして提示する。 「まだ結論を-・すには早すぎる」 「この問題に明確な答えを-・すのはむずかしい」 「各自、意見を-・してください」 「そんなことを言うなら証拠を-・せ」 ㉓ 感情を表面に表す。 「彼女はすぐに感情を顔に-・す」 「不満を口に-・す」 ㉔ 内に秘められている能力を発揮する。 「さあ、元気を-・して」 「あまりスピードを-・すな」 「もっと大きな声を-・しなさい」 ㉕ 体内にある液体をそとにあふれ出させる。 「涙を-・す」 「汗を-・す」 ㉖ ある現象や事態を発生させる。結果としてそうなる場合にもいう。 「火事を-・す」 「熱を-・す」 「赤字を-・す」 「一〇人の怪我人を-・した事故」 「余りを-・す」 「新記録を-・した K 選手」 「このピアノはいい音を-・す」 ㉗ それらしい雰囲気や特徴が表れるようにする。 「もっと感じを-・して台詞(せりふ)を言ってください」 ㉘ 命令・依頼などの指示・働きかけを行う。 ⇔ 取り消す 「問屋に注文を-・す」 「生徒に宿題を-・す」 「部下に指示を-・す」 「気象台が大雨警報を-・す」 「部長がこの企画にゴー-サインを-・した」 ㉙ (動詞の連用形の下に付いて) ㋐ …し始める意を表す。 「車が動き-・す」 「雨が降り-・す」 ㋑ 外へ移動するよう、または外へ現れるようにする。 「道路へとび-・す」 「外へはみ-・す」 「姿を照らし-・す」 〔「出る」に対する他動詞〕 作る ① 原料・材料を加工したり組み立てたりして、形のある物をこしらえる。製作する。製造する。 「洋服を-・る」 「米から酒を-・る」 「魚を-・る(=刺シ身ナドニスル)」 ② 建築工事・土木工事などを行なって築く。 「道路を-・る」 「庭園を-・る」 ③ 栽培する。耕す。 「畑に麦を-・る」 「あしひきの山田-・る子/万葉集 2219」 ④ 書類などを作成する。 「契約書を-・る」 「一覧表を-・る」 ⑤ 子供をもうける。 「当分は子供を-・らない」 ⑥ これまでなかったものを生じさせる。 ㋐ 団体を創立する。部局を新設する。 「会社を-・る」 「組合を-・る」 ㋑ 言葉を新たに生み出す。作り上げる。 「ユートピアというのはトマス=モアの-・った言葉だ」 ㋒ 文章・文芸作品、音楽作品を創作する。 「詩を-・る」 「曲を-・る」 ㋓ 記録を打ちたてる。 「新記録を-・る」 ㋔ 財産・借財を築く。また、現金を得る。 「財産を-・る」 「借金を-・る」 「書画を売って金を-・る」 ㋕ 好ましい状態のものに変える。 「丈夫な体を-・る」 「理想の社会を-・る」 ㋖ 人との親密な関係を生じさせる。 「多くの友だちを-・る」 ㋗ 時間を都合して、ある事のための時間を生み出す。 「暇を-・る」 「機会を-・る」 ⑦ ある形にする。 「列を-・る」 「指で丸を-・る」 「鬼の顔などの、おどろおどろしく-・りたる物/源氏 帚木」 ⑧ 表面的にある状態にする。 ㋐ 顔や容姿を美しく整える。 「若く-・る」 「顔を-・る」 ㋑ とりつくろう。 「お客の前では笑顔を-・る」 ⑨ ある結果を生じさせる。 「罪を-・る」 「老法師のためには、功徳を-・り給へ/源氏 若菜上」 ⑩ (「時をつくる」の形で)雄鶏が朝早く大きな声で鳴く。時を告げる。 「雄鶏が時を-・る」 ⑪ 文字をある形に描く。 「『峯』はまた『峰』にも-・る」 〔③ 以下は「作る」と書く〕

    1. 類語
    2. 届け」(とどけ)「届け出」(とどけで)、 どちらも名詞で、役所に出す書類などを指しているのなら、同じ意味で大丈夫です。 参考: 「届く」(とどく)の命令形も「届け」ですが、これは別の意味です。

    1. 類語
    2. 届け is used for a notification to an organization or similar. e.g. 会社に今日は休むと届けを出した。 知らせ can be used for a personal notification.

  • 「届け」を翻訳

    1. 翻訳
    2. おとどけび です。

    1. 翻訳
    2. とどけ todoke

  • 「届け」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. 動詞の一種で命令形です。 この場合は願いを込めて 言っています。

    1. 他の質問
    2. 下記の時間帯で届く様に、手配をお願いいたします。 午後8時以降、午前11時まで(以前)。

    1. 他の質問
    2. to express 「届け物」politely

    1. 他の質問
    2. 届け物の配達日は7月3日です。 or 届け物は7月3日に届きます。 届け物は7月3日に配達されます。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

届けの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。