岳の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「岳」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. は山のことですが、山の名前につく「山」と「」はどのように使い分けがされているのかというのはなかなか難しいと思います。 検索したところ次のようなことが書かれていました。 「山」はどう読むかでも違いがあり「やま」なら信仰対象外、他の読み方「さん、ざん、せん、ぜん」などになると信仰対象の山で、「」は信仰対象外の傾向にあるが旧字の「嶽」は信仰対象の山。 山容に関係していて「山」は斜面が急でない山、「」は反対に斜面が急で険しい山。 「山」は単独峰、「」は連峰。 「」は山という漢字に丘がのっているのだから「山」より高い山。つまりより高い山。 などなど…。 ですがどの説にも例外となる山が存在するようで、これが「山」でこれが「」だとはっきりさせるのは難しいようです。 実際のところ、山の名前は地元の人、市町村が決めた名前を使っているとのことでした。 辞書では単に、「」は高くて大きい山のことだと説明されていました。 「山  違い(もしくは定義)」で検索すると、同じように疑問をもった人が質問をしていて、それに対する回答も見つかるだろうと思います。ぜひ調べてみてください。

  • 「岳」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 嶽は古い漢字で、は比較的新しい使い方の漢字です。 旧漢字、旧字とも言います。

  • 「岳」を翻訳

    1. 翻訳
    2. がく(たけ)うんほう

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

岳の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。