彼等の例文や意味・使い方に関するQ&A

「彼等」を含む文の意味

Q:彼等の職場にしろ、急に素人を迎え入れるのは大変だろうが」の中で、「職場にしろ」の意味はどういう意味でしょうか?教えてください! とはどういう意味ですか?
A:彼等の職場にしろ、」というのは、「彼等の職場も同様に」という意味があると思います。
あと仮定している感じもありますね。
例を挙げると、
「Aさんの職場にしろ、Bさんの職場にしろ、急に素人を迎え入れるのは大変だろう。」
この文はAさんの職場でも、Bさんの職場でも、急に素人を迎え入れるのは大変じゃないかと仮定している意味です。
すいません長すぎました😁
Q: 彼等のあるものは、石油缶の底を継ぎ合はせた四角な鱗で蔽はれてゐる。彼等の一つを借りて、夜中に柱の割れる音で眼を醒まさないものは一人もない とはどういう意味ですか?
A: その種の家の中には、石油缶の底をつなぎ合わせて作った、四角い鱗(うろこ)のようなもので覆われているものがある。そういう家のひとつを借りて(rent)住んで、夜中に柱の割れる音で目を覚まさない人は一人もいない。

という意味ではないでしょうか?

柱の割れる音、というのは、木が乾燥するとパキパキっというかなりの音が鳴るらしいので、その音の事かもしれません。これは想像ですが…
Q: 彼等の一族では子供たちでさえも決して笑ったことがない とはどういう意味ですか?
A: 絶対に笑わない家族がいて、その家族の子供も笑わない。
子供は笑っているものですから、「でさえも」という言葉で笑わない一族を強調しています。

「彼等」についての他の質問

Q: In the sentence 「彼等は病院を襲った」
Is 病院 considered plural
Q: 彼等は縁台に座る。
又は
彼等はロハ台に座る。 この表現は自然ですか?
A: この場合は、"彼らは(公園の)「ベンチ」に座る"のほうが良いと思います。

縁台は、背もたれのない木製の腰掛けのイメージがあります。
Q:彼等が去年日本へ行ったことが知らなかった。
あの時の彼の言ったことをよく覚えている。
あの時彼が電話してくれたのをよく覚えている。
首相は国民に税金を減ることを約束した。
「好きだ」と言うのは必ずしも愛するということではない。
誰かが階段で落ちたのが聞こえた。
夕べ誰かが階段で落ちたことを聞いた。
ラファエルさんが知らない女の人と一緒に道で歩いていたのが見えた。
マルセルさんは二日前から既にディジョンに着いたことをクレマンスさんに隠していた。
あの夜あなたの家にいたことをマリさんに言わないで下さい。 この表現は自然ですか?
A: ほぼ合ってますよ😃💕

彼等が去年日本へ行ったことを知らなかった。
首相は国民に税金を減らすことを約束した。
「好きだ」と言うのは必ずしも愛しているということではない。
階段を落ちた、道を歩いていた、だと思います。
二日前から(二日前に)既にディジョンに着いていた、か、二日前にディジョンに着いた。
Q: 彼等が去年日本へ行ったことが知らなかった。
あの時の彼の言ったことをよく覚えている。
あの時彼が電話してくれたのをよく覚えている。
首相は国民に税金を減ることを約束した。
「好きだ」と言うのは必ずしも愛するということではない。
誰かが階段で落ちたのが聞こえた。
夕べ誰かが階段で落ちたことを聞いた。
ラファエルさんが知らない女の人と一緒に道で歩いていたのが見えた。
マルセルさんは二日前から既にディジョンに着いたことをクレマンスさんに隠していた。
あの夜あなたの家にいたことをマリさんに言わないで下さい。 この表現は自然ですか?
A: QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

彼等

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問