悔いるの例文や意味・使い方に関するQ&A

「悔いる」の類語とその違い

Q: 悔いる と 悔やむ はどう違いますか?
A: 意味は全く同じです。音の響きや好みで、どちらでも使えます。
Q: 悔いる と 悔やむ はどう違いますか?
A: 「悔やむ」は、すでに終わってしまったことや、思いどおりにできなかったことなどを残念に思うことです。

悔いる」は、自分のしたことを残念に思う意ことです。反省したり悩んだりという道徳的な面も含みます。
Q: 悔いる と 悔しむ はどう違いますか?
A:悔いる」は、自分が行ったことを後悔することです。
「悔しむ」は悔しいと思うことで、「悔しむ」よりも「悔しがる」のほうがよく使われます。
Q: 悔いる と 悔やむ はどう違いますか?
A:
「あとから残念に思う」という意味では同じです。


自分について反省する感じが強いなら「〜を悔いる」というふうに 「〜を後悔する」の文語として使えます。


失敗したことやじゅうぶんできなかった物事、他の人について悔やまれる気持ちが強ければ「〜しなかったことを悔やむ」、「〜が亡くなった事を悔やむ」=お悔やみなどが使えます。
Q: 悔いる と 悔やむ はどう違いますか?
A: 悔いる→自分のした行為に悪い所があったことに気づき、反省する。
悔やむ→失敗したことを、後から残念に思う。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

悔いる

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問