悼むの例文や意味・使い方に関するQ&A

「悼む」の類語とその違い

Q: 悼む と 嘆く はどう違いますか?
A: @Claptrap

<一概に言えませんが、違いがある場合の一例です>

悼む』:
・AがBの死を悼む
等のように使われますが、
「Bを慕う心を表明しつつ、Bの死を残念に思う、Bの死をつらいと思う」
等の意味となります。
また、
A(の心)を客観的に描写する表現であり、
[幾分] Bという人間にフォーカスされた表現と言えると思います。

-----

『嘆く』:
・AはBの死を嘆いた。
等のように使われますが、
「(Bを慕う心を表明しつつ、)(Bの死を残念に思う、)Bの死が悲しい」
等の意味となります。
また、
[どちらかと言えば] Aの主観を前面に表出する表現であり、
[どちらかと言えば] Aにフォーカスされた表現と言えると思います。

-----

上記以外の状況、それぞれの意味、それぞれのニュアンスもあり得ます。
Q: 悼む と 嘆く はどう違いますか?
A: 悼む is only used when someone feels sad for someone's death.
嘆く is used whenever someone feels sad.
ex. 彼は先生の死を悼ん
彼は最近のモラルの低下を嘆いた
Q: 悼む と 嘆く はどう違いますか?
A:悼む」は、常に死んだ人に対して使います。
「嘆く」は、死んだ人に使うとは限りません。


先生の死を悼みます。
私は失敗ばかりすると嘆いていた。
Q: 悼む と 忌み はどう違いますか?
A: 悼む means to respect the (dead) person.
In contrast, 忌む is basically used for something to avoid. It means that there was a bad thing (=death) and it should be avoided.

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

悼む

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問