情報の例文や意味・使い方に関するQ&A

「情報」を含む文の意味

Q: 情報や誘惑が溢れてるこんな時代だからこそ、私達はそれぞれの選択をしていくべきなんだろう。 とはどういう意味ですか?
A: Informations and temptations are overflowing in this time and age. That's especially why we should decide a path by ourselves.

Sorry,my English is too bad.
Q: 情報機器 とはどういう意味ですか?
A: It means information equipment. It's the device which lets you connect to any information. For example, 情報機器(じょうほうきき)includes phone, smartphone, tablet, computer, and etc.
情報にアクセスするのに使用する機械のことです。
Q: 情報収集が手っ取り早く結論でけを得ようとするものだとすれば,これはそこに至るまでの思考の過程に重点を置いた読み方だということができます とはどういう意味ですか?
A: 「手っ取り早く」
簡単に
手間をかけずに

「そこに至るまでの過程」
そこに 到着/到達 するまでの 道のり/道筋

「重点を置く」
重要だと判断する
大切だと考える

情報収集が、なるべく簡単に結果だけを求めるための手段だと仮定すると、(それとは違って)これは、結果に辿り着くまでの考え方を重要だと考える読み方だと言うことが可能です。
Q: 情報が際限なく流通していくことで、情報の一部だけが一人歩きをして、思わぬ問題が起こすといったことも出てくるわけです とはどういう意味ですか?
A:情報が際限なく流通する」
自分のコントロールできる範囲を遥かに超えて、自分の提供した情報が世の中に出回る様子だと思います。

「一人歩きをする」
本来の文脈とは異なる状態で勝手に動き回ることです。

この文章はインターネット上での不用意な発言のことでしょうか。
自分の発言が文脈から切り離されて一部分だけ引用され、予想もしなかった形に解釈されて困った事態になる可能性について書いているようです。
Q: 情報機器の発明は、手紙や恋文をなくし、手書きのお見舞い状なくし、私自身の試作まで、古いもの、役立たずなものと見なすことを強いているのであろうか とはどういう意味ですか?
A:情報機器」
ここではコンピューター、携帯電話、インターネット、プリンターなどを指していると思います。

「私自身の試作」
手書きの何かに関係するもののようですね。

「強いている」
「強いる」は、何かを無理矢理させることです。

情報機器が発明され、普及したせいで手紙や手書きの文化がなくなってしまった。この事実は、私の試作を時代遅れであると判断するように(私/見る人 に)強制するのだろうか。

「情報」の使い方・例文

Q: 情報 を使った例文を教えて下さい。
A: ありがとうございます😊
Q: 情報 を使った例文を教えて下さい。
A: ブラジルについての情報を教えてください
Q: 情報 を使った例文を教えて下さい。
A: その情報は誰から聞いたの?

「情報」の類語とその違い

Q: (情報が)ばれる と (情報が)漏れる はどう違いますか?
A: 「ばれる」は、嘘や隠し事があってそのうえで知られたときに使います。
「漏れる」は、隠さなければいけない(例えば個人情報など)が知られたときに使います。
Q: 情報 と 知識 はどう違いますか?
A: 情報 information
知識 knowledge
Totally different (^^)
Q: 情報についてですが、先輩たちにも聞きました。送ります と 情報のことについてですが、先輩たちにも聞きました。送ります はどう違いますか?
A: 情報についてですが のほうが自然です。
ただ、情報自体がどちらかというとxx(に関する/についての)情報という場合が多いので、例えば

日本語試験についての情報ですが、先輩たちにも聞きました。送ります。
といった文になると思います。
Q: 情報 ( じょうほう ) と インフォメーション はどう違いますか?
A:情報:」和「インフォーメーション」基本上同样帶有情報、信息等之義(「情報」另有消息、風聲之義),但用在造詞上有明顯的差別,如
情報処理、情報交換
インフォーメーションセンター、インフォーメーションテクノロジー
Q: 情報 と 資料 はどう違いますか?
A: 情報はinformation、資料はmaterial。
資料には情報が書いてあります。

「情報」を翻訳

Q: キラの情報を我々に教えることで、罪を償い、 キラの恐怖から世界の人々を救うことです は 日本語 で何と言いますか?
A: Telling us information about Kira is paying for your sins and saving people in the world from fright of Kira.
Q: 情報 は 日本語 で何と言いますか?
A: 情報(じょうほう)
Q: 情報ナシ 「 ナシ」是什么意思呢? は 日本語 で何と言いますか?
A: 没有
ナシ なし nashi
Q: "Informatics is difficult. I get nervous when I think about it." This is my translation, is it correct?: "情報学は難しい。それについて考えるときには私は神経質になる。" は 日本語 で何と言いますか?
A: You’re Japanese is totally perfect!

「情報」についての他の質問

Q: 情報の整理と分析を通じては、社会の見通しが見られ、文化の研究にも非常に役に立ちます。ですから、情報分析についての仕事はますます重要になっています。
コンピュータなどの情報機器は情報分析に不可欠なものとなりました。それらの情報機器を使いこなすのは、私たちが身につけるべき能力だと思います。
私がコンピュータについてのことに興味があります。貴大学の案内書を見た後、〇〇先生のゼミは私の未来の研究方向に一致すると思いますので、もし貴大学に入学できたら、きっと〇〇先生のゼミを選択し、情熱を持ってこのコースを勉強します。 この表現は自然ですか?
A: 情報の整理と分析 "は"、社会に"必要とされつつあり"、文化の研究にも非常に役に立ちます"から"、情報分析についての仕事はますます重要になっています。
コンピュータなどの情報機器は情報分析に不可欠なものとなりました。それらの情報機器を使いこなすのは、私たちが身につけるべき能力だと思います。
私がコンピュータについてのことに興味があります。貴大学の案内書を見た後、〇〇先生のゼミは私の"研究の方向性"に一致すると思いますので、もし貴大学に入学できたら、きっと〇〇先生のゼミを選択し、情熱を持ってこのコースを勉強します。
Q: その情報皆にやべました。 この表現は自然ですか?
A: つまりこういうことですね。

「その情報皆に喋りました。」

通常は助詞がないと不自然です。ただしあまり丁寧ではない日常会話では省略されることもあります。

例:
その情報は皆に喋りました。
その情報を皆に喋りました。
その情報、皆に喋りました。

ちなみに「喋る」という動詞が不適切かどうかは文脈次第です。カジュアルな会話のことを「お喋り」と言いますが、動詞そのものがカジュアルな場面でしか使えないということはありません。

「話す」より内容が薄い、特定の内容を伝えようとする意図があまり感じられない、あるいは話す量が多いなどの場合に「喋る」が使えます。
ですから、たとえば本来秘密にしておくべき情報を不用意に洩らしてしまった場合などは、「喋る」を使っても不自然ではありません。

例:
上司: このことはまだ誰にも言ってないだろうな。
部下: 申し訳ありません。うっかり皆に喋ってしまいました。

他には「話す」、「伝える」などの動詞も使えますが、適切かどうかはいずれも元の意味や文脈によります。
「共有する」は、複数の人が同時に一つの物の所有者になることです。「話す」や「喋る」と違って、口頭である必要はありません。たとえば情報を紙に書いて渡したり、メールで送ることも「共有する」にあたります。

----
「お返事をありがとうございますよ。」
回答、ありがとうございます。
回答してくださってありがとうございます。

文末の「よ」は不自然です。


「喋る「しゃべる」が大丈夫かな。」
「喋る」なら大丈夫でしょうか。
「喋る」なら(意味が)通じますか。
Q: 情報社会には私たちの生活に便利になっているが、私たちも情報を断る。私たちは情報社会に暮らすものの、自分を情報化しない。 この表現は自然ですか?
A: ゴメン、まだよくわからない^^;
在信息化社会中,我们的生活变得越来越便利了
情報化社会において、我々の生活は変化してますます便利になった。
但是我们也要远离信息。(这部分还不太清楚)
だが、我々は情報から距離を置いておく必要がある。
虽然我们生活在一个信息化社会中,
我々の生活は情報化社会の中にあるものの、
但我们不要把自己信息化了(这部分也还不太清楚喔·。。。)
我々は自分自身を情報化する必要はないのだ。
Q: Do the next sentences sound natural in Japanese?

1-情報源は何です?
2-その情報源の元は何です?
3-その情報源の元はどこのところですか?
4-その情報源の元はどの辺・どのあたりですか?
5-情報源はどこですか
この表現は自然ですか?
A: おしいです!「その情報源はどこですか?」「その情報はどこから得ましたか?」又は「その情報源は何ですか?」が正しいです。
Q: If I want to say" This is for your information only. Once it's firmed, I'll inform you later" in business Japanese, is it appropriate to express like this 「この情報は参考までにしてください。後程正式に決まりましたら、また連絡させて頂きます。」
A: 前半部分は、「この情報は内々の情報です。」のほうが良いように思います。
後半はこの表現で良いと思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

情報

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問