慎むの例文や意味・使い方に関するQ&A

「慎む」の使い方・例文

Q: 慎む を使った例文を教えて下さい。
A: 「まわりの迷惑なので、私語は慎んでください」「授業中はスマホの使用を慎むべきだ」
Q: 慎む を使った例文を教えて下さい。
A: 授業中は、私語や携帯の使用は慎むように! 最近、先生に注意されたばかりなので、慎んで行動するように。 慎む=控える、 慎んで=控えめに(行動をする)

「慎む」の類語とその違い

Q: 慎む と 控える はどう違いますか?
A: 意味にも使い方にも違いは無いと思います。「口を」だったら「慎む」だけど、「口出しを」だったら「控える」だけど、「言葉を」だったらどっちも使われるというように、よく使われる組み合わせは有りますね。 もっとも使われるケースの「お酒を」とか「甘いものを」だったら「控える」って言う人がほとんどではないでしょうか。 個人的な見解ですが、「慎む」は、やや古風で礼儀正しい響きを感じます。
Q: 慎む と 遠慮する はどう違いますか?
A: @one55 仕事をするときは、おしゃべりを慎むように。 私たちは友だちだから遠慮しないで食べてください。
Q: 慎む と 謹む はどう違いますか?
A: @siragikuandsugar@Benzo_Karino 良く分かりました!ありがとうございます!!
Q: 慎む と 謹む はどう違いますか?
A:慎む」を、(酒の飲み過ぎや軽率な行動を)控える/礼儀よくする、の意味で、 「謹む」を、うやまう/かしこまる意味で書き分ける事があります。 かしこまった結果として礼儀よくするので、言葉としては同じです。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

慎むの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。