憎むの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「憎む」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. Hating somebody makes me feel that I am inferior to him/her, so I don't want to have that kind of feeling. p.s. 自いやなんです。is not correctly copied from the original sentence.

  • 「憎む」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 私のプリンを食べた彼を憎む

  • 「憎む」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 憎む憎むは人にも使えますが、「不正を憎む」や「悪を憎む」「罪を憎んで人を憎まず」のように、悪事を嫌う、と言う意味を表現したいときによく使われます。 「恨む」 恨むは、他人の行動によって自分に不利益が生じたので、嫌う、と言ったニュアンスになります。 ex) 恨めしや (物語の中の幽霊が使うセリフ。幽霊は誰かに殺されたり、悲しい事件に巻き込まれたりしたので、「恨む」のです。) 君にひどいことをしたからって、恨むなよ? 「嫌う」 好きか嫌いかで、嫌いである。と言う意味です。 ex) 猫は水を嫌う。 遠回しな言い方を嫌う。 彼は野菜が嫌いだ。 「嫌がる」 嫌がるは、「嫌だと思う、または嫌だという様子を見せる」ことです。 ex) うちの猫は水を嫌がるんだ。 子供が嫌がって病院に行こうとしない。

    1. 類語
    2. 憎む」は hate、「嫌う」は dislike に近いと思います。ですから「憎む」の方が more extreme と言えますね。 道を歩いていて、憎んでいる相手を見かけたら攻撃しに近寄って行きます。 でも嫌いな相手なら、会うことを避けて別の道に入ります。

    1. 類語
    2. 憎む hate 嫌う dislike

    1. 類語
    2. 憎む」は、物事に対してはほとんど使いません。(「政府」とかには使います。) それと、「憎む」というのは、たとえば誰かにわざといやなことをされて、できることなら復讐したい、と思っているときなどに使います。 ただ理由もなくきらいな場合は、「憎む」でなく「嫌う」を使います。 ex1.あいつは僕の恋人を横取りした。あいつが憎い! 2.僕は寒いのが嫌いだ(「寒さ」はわざとあなたに悪いことをしたわけではないので、「憎い」とはいいません。) なので、「納豆を嫌う」「冬を嫌う」が正しいです。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

憎むの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。