戦時の例文や意味・使い方に関するQ&A

「戦時」を翻訳

Q: 戦時下,戦時下 は 日本語 で何と言いますか?
A: 戦時下です

「戦時」についての他の質問

Q: また、戦時下の人々は国籍を問わず、誰も被害者であり、同時に加害者となるかもしれない。軍人は国家の命令に従わざる得なく、誰かの愛している人の命を奪う。大切な人が奪われた人々は悲しすぎ、敵国への憎しみはそこから生じる。二戦が終わってから75年が経った。もし平和に達するのは全人類の目標でしたら、重要なのは誰の過ちかではなく、戦争はどう繰り広げるか、どうすれば戦争を避けるかこそ、考えるべきな問題だと思う。

>この表現は自然ですか?
A: 大切な人が奪われた人々は悲しすぎ、敵国への憎しみはそこから生じる。
 ⇨ 大切な人が奪われた人々は悲しみ、敵国への憎しみはそこから生じる。

二戦 ⇨ 第二次大戦

もし平和に達するのは全人類の目標でしたら、
 ⇨ 平和の構築が全人類の目標であるなら、

戦争はどう繰り広げるか
 ⇨ 戦争はどのように起こるか

考えるべきな問題だと思う。
 ⇨ 考えるべき問題だと思う。
Q:戦時」となると、国民の団結が有無をいわさず求められ、隊列を乱す者は糾弾される。個々人の立場や事情を慮(おもんぱか)ることも、理を尽くして説得することもなく、批判や排除の動きが広がれば、社会に亀裂が走り、幅広い連帯は失われてしまう。

理を尽くす >>
これ、りをつくす とよみますよね。
ことわりをつくす とはよまないですか。
A: なるほど。
私は、ことわりをつくす、と読むのが伝統的な日本語としては正しいと思っていましたが、辞書にそう書いてあるのなら、りをつくす、でも間違いではないことになりますね。つまりどちらも正しいと思います。
失礼しました。逆に勉強になりました!
Q:戦時」となると、国民の団結が有無をいわさず求められ、隊列を乱す者は糾弾される。個々人の立場や事情を慮(おもんぱか)ることも、理を尽くして説得することもなく、批判や排除の動きが広がれば、社会に亀裂が走り、幅広い連帯は失われてしまう。

理を尽くす >>
これ、りをつくす とよみますよね。
ことわりをつくす とはよまないですか。
A:  おお。。。インターネットでは「ことわりをつくす」ではヒットしないんですね。ちょっとびっくり。。実は、、私の母校の校歌に「ことわり つくす、ひとすじに」という文言があったんです。で、それ以後の生活で、「りをつくす」にも「ことわりをつくす」にも、ほとんど出会ったことがなかったので、てっきり「ことわりをつくす」としか言わないと思ってました。もう古い言い方になってしまったようですね。。
で、同じ意味のことを言う場合、実際にはどっちもあまり使わないと思います。現代的には。今言うとすると「道理を尽くす(どうりをつくす)」が普通なんじゃないかなあと思います。思い込みでお返事しちゃってごめんなさいね!(;・ ・)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

戦時

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問