拝啓の例文や意味・使い方に関するQ&A

「拝啓」を含む文の意味

Q: 拝啓 とはどういう意味ですか?
A:
「謹んで申し上げます。/삼가 말씀을 올립니다.」
という意味です。
Q: 拝啓時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

とはどういう意味ですか?
A:拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。】
삼가 아룁니다.현재 더욱 번창하고 계시리라 믿고 경하드립니다.

주로 비지니스에서의 편지,이메일에서 쓰이는 인사말중의 하나입니다.※편지,이메일 외에는 안 써요.

▼意味
拝啓:삼가 아룁니다(편지의 첫 머리에 쓰는 표현)

時下(じか):현재,요즘

ますます:더욱

ご清祥:번창 
※보통 개인앞이면 ご清祥라고 하고 회사같은 법인앞이면 ご清栄라고 합니다

〜のこととお喜び申し上げます:~하시고 계시리라 믿고 경하드립니다
Q: 拝啓 この手紙読んでいるあなたが 幸せな事を願います とはどういう意味ですか?
A:
I hope you are happy with reading this letter.
Q: 拝啓 とはどういう意味ですか?
A: Dear in letter
Q: the「 へ〜」means in 拝啓十五の君へ〜 とはどういう意味ですか?
A: In this case, it means Dear-.
We use it when we start writing letter.

「拝啓」の使い方・例文

Q: 拝啓 を使った例文を教えて下さい。
A: 拝啓 は 手紙を書く時に使う言葉です。
日常では使いません。
Q: 拝啓 を使った例文を教えて下さい。
A: 拝啓 鈴木先生
毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。

「拝啓」の類語とその違い

Q: 拝啓 と へ はどう違いますか?
A:拝啓」はかしこまった文書や、とても目上の方に宛てた手紙などで使う表現で、「○○へ」は友達は家族など親しい人に使います。

「拝啓」を翻訳

Q: 拝啓 は 日本語 で何と言いますか?
A: 手紙の最初に書くあいさつ。

Q: 拝啓の使い方は? は 日本語 で何と言いますか?
A: ご参考までに
因みに「拝啓」で文章をはじめたら「敬具」で文章を終えてください。

拝啓
貴社ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配にあずかり、厚くお礼申しあげます。
さて2020年9月分の請求書をお送りいたします。
ご査収のほどよろしくお願い申し上げます。
敬具

「拝啓」についての他の質問

Q: 拝啓 小林先生、
私の点は間違っている。すべての割り当てをしました。何か悪いことをしましたか? この表現は自然ですか?
A: 小林先生
いつも授業をありがとうございます。
先日の評価について質問がございます。
私は宿題はすべて提出しましたが、評価の点数が少し低いように思います。
できれば理由をお聞かせ願えませんでしょうか?
Q: 拝啓
もうすぐ春になりますが、ヴィ先生はお元気でいらっしゃいますか。
私は今ストー二ーブルックで言語学を勉強しています。
ヴィ先生のレッスンがとても便利だったので、それはまだ私を助けています。
私によく書くように教えましたから、文学のクラスでAを受けられました。
それに、私も先生になりたいかもしれないと思っています。
面白いの仕事と思うので教育の修士課程を探しています。
がんばろうと思います。
ヴィ先生も、どうぞお元気で。
敬具
この表現は自然ですか?
A: 拝啓
もうすぐ春になりますが、ヴィ先生はお元気でいらっしゃいますか。
私は今ストー二ーブルックで言語学を勉強しています。
ヴィ先生のレッスンがとても有益だったので、それは今でも私を助けてくれます。
私によく書くように教えて下さいましたから、文学のクラスでAを取れました。
また、私も先生になりたいと思っています。
面白い仕事と思うので教育の修士課程を探しています。
がんばろうと思います。
ヴィ先生も、どうぞお元気で。
敬具
Q:
拝啓「先生の名前」様

お世話になります。
「私の名前」。
突然のメール、失礼いいたします。

私はこの前書いた作文に満足していません。
もう一度、違うトピックで別のに日に発表させていただけませんでしょうか。
私はそれまでに日本語のライティング能力を上げたいと思います。

Is this appropriate for a 先生 - Student relationship ? and which phrase do you usually use at the end of an email in this case?
I also appreciate other suggestions.
A: E-mailならば、拝啓は必要ありません。
「◯◯様」を使えば、どの人に対してもていねいな使い方です。
相手が自分の先生なので、「◯◯先生」でもかまいません。



「先生の名前」様

お世話になります。
「私の名前」です。
突然のメール、失礼いいたします。

私はこの前書いた作文に満足していません。
もう一度、違うトピックで別の日に発表させていただけないでしょうか。
私はそれまでに日本語のライティング能力を上げたいと思います。

お考えいただけるとありがたいです。
//////////////////////////////////
(所属)
(自分の名前)
Q: I want to write a letter to an idol. How do I start?

"拝啓XX様,

..."

Do I have to write a set phrase like "日本はあたたかくなっているころでしょう…" or "お元気でいらっしゃいますか。" before introducing myself? Does it sound natural?

Can I then write "初めまして。「名前」と申します。" before writing the rest of the letter?

ありがとうございます。
A:
It is nice to care the climate thing with "拝啓" form, but it's not always necessary.

It is natural to start from 「XXさんへ」「nicknameへ」and go straight to self introduction. You don't have to be Formal but to be Polite and Friendly.

If you start the letter by "拝啓", you have to keep all following sentences in same level of formality until you end up by "敬具".

On the contrary, if you start a letter in a casual way but the content is serious and written like a business letter, it's very odd. You should care the balance in any letter.

For your information, idols often set some conditions for fans to send postal letters and gifts. I think you can check it on the website. Good luck! (I'm curious whose fan you are 😉)
Q: 拝啓中村家のみなさんへ、

お元気でいらっしゃいますか? 中村家に招待してくれてありがとうございました。私は皆さんに会う機会があって嬉しかったです。皆様との楽しい歓談、美味しいお食事、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました. 次に会うことを楽しみにしております.

敬具

(お礼の手紙を書き始めてです。オススメしてくれてありがとうございます。) この表現は自然ですか?
A: お元気でいらっしゃいますか? 中村家に招待していただきありがとうございました。私は皆さんにお会いすることができて嬉しかったです。皆さんとの歓談、美味しいお食事、とても幸せな時間を過ごすことが出来ました. 次にお会いできるのを楽しみにしております.

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

拝啓

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問