指南の例文や意味・使い方に関するQ&A

「指南」を含む文の意味

Q: 指南 しなん とはどういう意味ですか?
A:指南」の背景を理解するには中国のことを
知る必要があって大変です。だから、まずは
詳しい意味について説明します。

指南」の「指」は導く(to lead)の意味で、
指南とは、先生/師匠として教え導く
(to teach and lead someone as a teacher/master)
のニュアンスがあります。
そこが教える(to teach)との違いです。

ちなみに、この意味をまさに表すのが、
「指導」(to coach/guide/direct)という言葉です。
「指」と「導」という同じ意味の漢字を重ねています。

「指南」の使い方・例文

Q: 指南 を使った例文を教えて下さい。
A:
柔道を指南する。

山田先生、三年間空手をご指南いただき、ありがとうございました。

指導とほぼ同じような意味で、特に武道や茶道など伝統的な分野で使われますね。




「指南」についての他の質問

Q: 指南書・手引書・指針書の違いを教えていただきたいんです。
A: 指南書: 武道や華道、茶道などの、伝統的な技術や作法を伝えるもの
手引書:道具、機器の使い方を説明するもの
指針書:(あまり使わない言葉です)指針がかかれているものかな?指針は組織などのの方向性などのことを意味します。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

指南

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問