指導の例文や意味・使い方に関するQ&A

「指導」を含む文の意味

Q: 指導教官がやたら厳しい人でチェックばかりが増えてます。

最後の部分「チェックが増えてるばかり」と言ったら意味が同じですか? とはどういう意味ですか?
A: チェックが増えるばかりです is the same.
Q:指導ご鞭撻のほど とはどういう意味ですか?
A: 请你多多指教指导。
Q: 指導にあたったドイツ人技師の年俸は総理大臣の 2 倍だどったといいますから、政府の力の入れようはたいへんなものだったことがよくわかります。 とはどういう意味ですか?
A: Ohhh! So I understood the opposite, haha!
Thank you very much for the clarification! (^__^)
Q: 指導を徹底する。 とはどういう意味ですか?
A: ~における指導を徹底する
provide thorough instruction in

「指導」の使い方・例文

Q: 指導 を使った例文を教えて下さい。
A: 生徒を指導する。
後輩を指導する。
指導教官に教わる。
Q: 指導 を使った例文を教えて下さい。
A: この写真は当時の指導者のものです。

スムーズに指導できるように本があります。

指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

「指導」の類語とその違い

Q: 指導 と トレーナー はどう違いますか?
A: 指導→動詞
トレーナー→名詞(指導する人のこと)

例)トレーナーは私を指導した。

です!(^ ^)
Q: 指導 と 導入 はどう違いますか?
A: It’s totally different words.
指導 means to teach sb to do.
eg)先生は生徒を指導する。(it means “Teacher teaches student.”)
導入 means introductions.
eg)会社は新しい機械を導入した。(it means “The company introduced new machines”)
Q: 指導上 と 指導下 はどう違いますか?
A:指導上」は、指導する上、という意味で、
ここでの「上」は、
「~という点で」「~という観点で」
といった意味の形式名詞です。

例えば、「指導上の方針」は、「指導という点での方針」、
指導者が指導のやり方の参考にするような方針のことです。

一方、「指導下」の「下」は、
そういう影響のもとにあること、
そういう状態・環境にあることを示す接尾辞です。

例えば、「先生の指導下で生徒が学ぶ」と言えば、
生徒が先生の指導の影響を受けていることを表します。
「先生の指導を受けながら生徒が学ぶ」と言い換えても
意味はほぼ同じです。
Q: 指導 と 先導 はどう違いますか?
A: 指導はto teach, to coach、先導はto lead, to guideです。

「指導」を翻訳

Q:指導よろしくお願いします。

“饮食结构”(栄養源の仕組み、構成という感じ)は日本語で一般的に何と言いますか?

食構造?
は 日本語 で何と言いますか?
A: 栄養バランス?

参考:日本語
https://www.food.minnanoippo.jp/ctggeneral/i-01/
Q: 你的指導對我很有幫助 は 日本語 で何と言いますか?
A: @qq2134932835 とてもありがとうございます!
Q: 指導者 は 日本語 で何と言いますか?
A: しどうしゃ 指導
Q: ******
what does this mean?
指導者に言われた通りにしたです
I'm confused about 「通りにしたです」. Where is the verb "to do"? What is 「通り」? は 日本語 で何と言いますか?
A: した is the past form of the verb する (to do).

The rest (言われた通り) is a grammatical construction, in this case it means “the way I was told”.

So it translates into: “I did as I was told to do by the coach/leader”

「指導」についての他の質問

Q:指導教員の先生の授業での自己紹介)

○と申します。ちょうど一年前にA先生の下で研究生として入学し、一年間のお世話になりました。「指導教員のA先生の授業を在学中に受けたことないことはさすがによくないと思い、今日は初めて先生の授業を受けに参りました。」ということではなく、先生の授業は論文作成に大変役に立つと思い、参りました。どうぞよろしくお願い致します。 この表現は自然ですか?
A: @1ngram4

前記表現をフランクにした例です。


○と申します。ちょうど一年前にA先生のゼミの研究生として入学し、ずっとお世話になって来ました。「主任のA先生の授業を在学中に受けたことないなんて失礼です、他の人に言えません、それでまあ、今日、先生の授業を受けに来ました。」というのは(真っ赤な)嘘です、先生の授業は必須な授業、不可欠な授業です、極めて重要な授業と思っています、全身を耳にして聴講させて頂くつもりです、どうぞよろしくお願い致します。


○と申します。ちょうど一年前にA先生のゼミの研究生として入学し、ずっとお世話になって来ました。「主任のA先生の授業を在学中に受けたことないなんて失敬です、他の人に言えません、それでまあ、今日、先生の授業を受けに来ました。」というのは(真っ赤な)嘘です、先生の授業は必須な授業、不可欠な授業です、極めて重要な授業と思っています、全身を耳にして聴講させて頂くつもりです、どうぞよろしくお願い致します。


○と申します。ちょうど一年前にA先生のゼミの研究生として入学し、ずっとお世話になって来ました。「主任のA先生の授業を在学中に受けたことないなんて失礼ですよね、他の人に言えません、それでまあ、今日、先生の授業を受けに来ました。」というのは(真っ赤な)嘘です、先生の授業は必須な授業、不可欠な授業です、極めて重要な授業と思っています、全身を耳にして聴講させて頂くつもりです、どうぞよろしくお願い致します。


○と申します。ちょうど一年前にA先生のゼミの研究生として入学し、ずっとお世話になって来ました。「主任のA先生の授業を在学中に受けたことないなんて失敬ですよね、他の人に言えません、それでまあ、今日、先生の授業を受けに来ました。」というのは(真っ赤な)嘘です、先生の授業は必須な授業、不可欠な授業です、極めて重要な授業と思っています、全身を耳にして聴講させて頂くつもりです、どうぞよろしくお願い致します。


○と申します。ちょうど一年前にA先生のゼミの研究生として入学し、ずっとお世話になって来ました。「主任のA先生の授業を在学中に受けたことないなんて失礼です、他の人に言えません、それでまあ、今日、先生の授業を受けに来たのです。」というのは(真っ赤な)嘘です、先生の授業は必須な授業、不可欠な授業です、極めて重要な授業と思っています、全身を耳にして聴講させて頂くつもりです、どうぞよろしくお願い致します。


○と申します。ちょうど一年前にA先生のゼミの研究生として入学し、ずっとお世話になって来ました。「主任のA先生の授業を在学中に受けたことないなんて失敬です、他の人に言えません、それでまあ、今日、先生の授業を受けに来たのです。」というのは(真っ赤な)嘘です、先生の授業は必須な授業、不可欠な授業です、極めて重要な授業と思っています、全身を耳にして聴講させて頂くつもりです、どうぞよろしくお願い致します。


○と申します。ちょうど一年前にA先生のゼミの研究生として入学し、ずっとお世話になって来ました。「主任のA先生の授業を在学中に受けたことないなんて失礼ですよね、他の人に言えません、それでまあ、今日、先生の授業を受けに来たのです。」というのは(真っ赤な)嘘です、先生の授業は必須な授業、不可欠な授業です、極めて重要な授業と思っています、全身を耳にして聴講させて頂くつもりです、どうぞよろしくお願い致します。


○と申します。ちょうど一年前にA先生のゼミの研究生として入学し、ずっとお世話になって来ました。「主任のA先生の授業を在学中に受けたことないなんて失敬ですよね、他の人に言えません、それでまあ、今日、先生の授業を受けに来たのです。」というのは(真っ赤な)嘘です、先生の授業は必須な授業、不可欠な授業です、極めて重要な授業と思っています、全身を耳にして聴講させて頂くつもりです、どうぞよろしくお願い致します。


etc.


その他の、さまざまな表現も可能と思います。
Q: 指導教員と面談する約束があります。先生は事務室にいて、他の先生たちもいます。そのとき、マナーはどうでしょうか。ドアをノックして、〇〇先生はいらっしゃいますか、のような感じでよろしいでしょうか。
A:
ドアをノックし、「失礼いたします。」と言いドアを開けます。
その◯◯先生が見えたらお辞儀をします。見えない場合は、近くにいらっしゃる先生に声をかけます。「◯◯先生はいらっしゃいますか?面談の約束をしております、◯◯と申します。」と名乗りましょう。
Q: 指導がないとき間違いだらけの人生になる。発達の道を続けるために新しい指導者を見つけなきゃいけない。 この表現は自然ですか?
A: 信頼できる確かな指導者がいないと、間違いの多い人生になってしまう可能性が高い。発展、成長を続けるためには、新しい指導者を見つけなければならない。
Q:指導ありがとうございました、
これから、aさんにお世話を続けていただきれば、嬉しいです。
この表現は失礼ですか。

この表現は自然ですか?
A: 私はaさんに引き続きご指導していただきたいです。嬉しいです。
Q: 指導員から指示されてのことだろう。


なぜ、て形の後には直接に「の」が続くことができますか。

それは省略の使い方でしょうか。

そう考えるのは「指示されて」の後にはほかの可能性が暗示されたり省略されたりしていると思うからです。

間違っているなら、「て形+の」という使い方はどういう意味ですか。

また、その文はどう理解したらいいのですか。

お教えください。ありがとうございます。
A: この「て」は接続助詞です。接続助詞「て」+格助詞「の」は特別な形ではなく、「への」や「との」のように普通に接続されるものです。
この場合の「の」は、性質や状態を表します。「指示されての」は、「指示された状態での」とほぼ同じ意味です。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

指導

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問