挫けるの例文や意味・使い方に関するQ&A

「挫ける」の使い方・例文

Q: 挫ける(くじける) を使った例文を教えて下さい。
A: 彼は何度失敗しても挫けない強い男だ
Q: 挫ける(くじける) を使った例文を教えて下さい。
A: 漢字を学ぶのが難しすぎて、気持ちが挫ける

試験に何回挑んでも合格しないので、気持ちが挫ける
Q: 挫ける を使った例文を教えて下さい。
A: ダイエットのために今日からランニングをするつもりだったが、雨が降りそうで、気持ちが挫けそうだ。

「挫ける」の類語とその違い

Q: 挫ける と 落ち込む はどう違いますか?
A: ありがとうございました!
Q: 挫ける と 落ち込む はどう違いますか?
A: 「落ち込む」はいやなことや悲しいことなどがあって気持ちが下がる、テンションが低い状態になる様子です。
感情の状態を表しているので、基本的にはいずれ回復します。

挫ける」はうまくいかなくて諦めそうになること、もしくは諦めることです。
実際には「落ち込む」と同じような意味でも使われやすいです。
ただし日常会話ではあまり使われていないように感じます。(ちょっと古い表現なのかも) 漫画や物語などでは使われているような気がします。

「挫ける」についての他の質問

Q: 1 "挫ける"と"挫折する"
2 "しくじる"と"失敗する"
日本語には以上のような同じ意味を見える訓読み動詞と音読み動詞がたくさん存在してみたいですが、使い方の方に何の違いすなわち気を付けるべきところがありますか?
お願いします。
A: たぶん、違いはあると思いますが、日本語はとても曖昧で日本人ですら理解してない人が殆どです。
一般的な日本人は気にせず使ってます。
上の二つだと音読みの方のが少し丁寧なので、偉い人には音読みのがいいかと思います

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

挫ける

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問