授けるの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「授ける」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. 授ける(さずける) 意味は「あげる、与える」と同じですが、目上の人から下の人に何かを与える時に使いますね。

    1. 文の意味
    2. QAの全文をご確認ください

  • 「授ける」と類似する言葉 その違い

    1. 類似する言葉
    2. 授け」は、目上の者が目下の者に何かを与えることです。 「部下が悩んでいたので、いくつかアドバイスを授けた」 「報いる」は、頑張った目下の者に対して、目上の者が報酬を与えることです。 「部下はとても良く働いてくれるので、私はそれに報いるつもりだ」 「報いる」には目下の者の頑張りが必要です。

    1. 類似する言葉
    2. 授ける」は、自分が相手にものや才能を与えること、 「授かる」はその逆で、自分が相手からものや才能を与えられることです。 「授ける」 means “ to give things to someone” 「授かる」 means “ to be given things from someone“

    1. 類似する言葉
    2. 授けるも授与するも、日常的にはまず使いません。 意味はほぼ同じですが、授与するのほうが堅苦しい言い方です。 授与は、なにかの賞や、そのトロフィーなどを相手に贈るときに使います。 授けるは、その人の大切なものを相手に贈ったり、与えたり、渡したりするときに使います。

    1. 類似する言葉
    2. 全く違います。 授けるは与えると似た類義語になりますが、叶えるはどう違うというものではなく、全く別物です。 【授ける】とは、①目上の人が目下の人に特別に与えることを言います。②また師匠が弟子に特別な技を教えるという意味でも使います。 ①賞を授ける ②知恵を授ける 【叶える】は、これまで抱いていた望みを現実のものにすることです。 ・夢を叶える ・希望を叶える いかがでしょうか?? 説明が少し難しかったです。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

授けるの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。