控えるの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「控える」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 意味としてはほぼ同じです。 ・決勝戦を前にして選手たちは緊張している。 ・決勝戦を控えて選手たちは緊張している。 どちらかと言うと、〜を控え(て)のほうが少し堅い表現です。 また、 ・決勝戦を明日に控えている  = 明日、決勝戦が待っている はOKですが、この文で「前にして」は使えません。この控えるは待機するの意味です。控室なんて言いますよね。 ・大先輩を前にして緊張した はOKですが、ここでは「控えて」は使えません。

  • 「控える」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. ひかえ【控え】 辞書を引くとたくさんの意味合いがありますよね… その中で、これが該当すると思います。 1:時間や順番などが来るのを待つこと。待機すること。 2:必要時のために別に用意しておくこと。また、そのもの。 3:引きとめること。制止すること。 法を成立せずにいた。 "あえて"成立をしなかった。 だから 成立出来る日を待っていた。

    1. 他の質問
    2. 「しないでください」を丁寧にすると「お控えください」になります

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

控えるの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。