推薦の例文や意味・使い方に関するQ&A

「推薦」を含む文の意味

Q: 推薦せざる とはどういう意味ですか?
A: 〜せざるをえない=他に選択肢がなく、〜しなければいけない
なので、推薦しなければいけない、推薦するしかないということです
Q: 推薦組 とはどういう意味ですか?
A: たとえば、大学などに入学するには入学試験に合格する必要がありますが、高校の成績が特に良いとか、他に特技があるなどの理由で、入学試験を受けずに「高校からの推薦状」などにより大学に入学してきた学生などのことを「推薦組」などと言うことはあると思います。
Q:推薦枠」というのはなんですか。 とはどういう意味ですか?
A: 学校への入学や企業の就職に際して、学校や企業が特定の学校からの推薦者を優先的に入学、就職させることがあります。
その人数の枠を推薦枠といいます。
Q: 推薦入学4名を除く一般入試定員は36名 とはどういう意味ですか?
A: We are going to accept 36 people by the entrance exam, and also accept 4 people by the recommendation.

36人は一般入試で取り、4人は推薦入試で取るということです。
Q: 推薦入試 とはどういう意味ですか?
A: Firstly, you need to understand the admission system in Japanese high schools and universities.

Usually, the admission process only or most heavily focuse on how well students do on an one-time entrance exam. Even if you have bad grades and attendance, you can get into a good school if you're a good at exams.

As opposed to this, 推薦入試 looks at other things such as their overall school grades from a previous school and extracurricular activities. So maybe it's closer to the American system?

「推薦」の使い方・例文

Q: 推薦 を使った例文を教えて下さい。
A: QAの全文をご確認ください
Q: 推薦 を使った例文を教えて下さい。
A: 就職のために教授の推薦状をもらった。

彼を次のリーダーに推薦します。

「推薦」の類語とその違い

Q: 推薦文をお書きいただけんませんか。 と 推薦文を書いていただけんませんか。 はどう違いますか?
A: 日本人が、誰かに書いて欲しい場合、

推薦文をお願いできませんか

くらいが普通に使われる言い方だと思います。

推薦文をお書きいただけませんか
推薦文を書いていただけませんか

→①は、良くないです。
あなたが私の推薦文をお書きになる、
という敬語の使い方が、違和感あります。

→②は良いです。

ただし、推薦文は「書く」に決まってるので、頼み事がしつこく感じる「書く」はいらないかもしれません。

Q: 推薦 と 勧め はどう違いますか?
A:
I think 推薦 is for some audition, contest, election or entrance exam of school, when somebody has to apply for those things.

勧め is usually used as お勧め and you can use it when you want to ask about some recommendations for restaurant, dishes in the restaurant, good places to visit and so on.

But if you ask about some academic books to professors,
you'll say 「何か良い本は ありますか?」sounds natural.

In that case, お勧め sounds quite non-academic, and 推薦 sounds too formal.

Actually there are 推薦図書, but they are usually for elementary school kids or at most for junior high school students, and those books are designdated by some
public Interest Incorporated association of books.


As for your additional question,
(because this questio is closed, so I couldn' follow your answer(^◇^;)💦)

to me このレストランは推薦出来ます sounds too formal except when you have to designate some restaurants for some royal family or government officers and so on.

If you recommend it to your friends or friendly teachers and professors, you can say
このレストランは、お勧めです or お勧めのレストランは◯◯です、is enough, I think.

Q: 推薦 と 推奨 はどう違いますか?
A: 両方とも他人に薦めるという意味ですが、「推薦」は特定のものが選ばれるよう言うこと、「推奨」は良い選択肢の例として紹介することを示します(他を選んでもよい)。

彼を委員長に推薦した。(選ばれるように言う)
このウェブサイトを使うことを推奨します。(良い選択肢の例として紹介)
Q: 推薦 と 推奨 はどう違いますか?
A: In general,
推薦→recommendation
推奨→suggestion

「推薦」を翻訳

Q: 有沒有推薦的連續劇或是動畫呢? は 日本語 で何と言いますか?
A: おすすめの連続ドラマか(それとも)アニメがありませんか。
Q: 「你有推薦的日本景點嗎 」 は 日本語 で何と言いますか?
A: 日本のおすすめスポットはありますか?
nihonno osusume supotto wa
arimasuka?
Q: 請問有沒有推薦的菜色 は 日本語 で何と言いますか?
A:
何(なに)かおすすめの料理(りょうり)はありますか?
Q: 請問有沒有推薦的藝術大學或者動漫學校? は 日本語 で何と言いますか?
A: すみません、お勧めの芸術大学かアニメーション学校がありますか?
Q:推薦好看的日劇 は 日本語 で何と言いますか?
A: 素敵なドラマをお勧めしてください

「推薦」についての他の質問

Q: 推薦書が送ることができませんでした。
失礼いたしました。 この表現は自然ですか?
A: 申しわけありません。
推薦書を送ることができませんでした。
の方が自然かと思います。

推薦書はモノなので主語にしようとすると不自然になることが多いかも
Q: 推薦: どんな物が推薦ですか? この表現は自然ですか?
A: 推薦は少しかたい言葉なので口語だとあまり使いません
名詞形の方がよく見ます。「推薦状」とか「推薦図書」とかですね。
同じ意味なら「どんなものがおすすめですか」「なにがおすすめですか」と言います。
Q: 推薦: 私の推薦が貰いたい場合は一所懸命が必要です。頑張りますよ。 この表現は自然ですか?
A: I can get what you mean, but it sounds a little bit weird.

These are much more better ↓

わたしは推薦を貰うため
Watashi ha suisen wo morau tame

努力する必要があります
Doryoku suru hitsuyou ga arimasu

Or

一生懸命励む必要があります
Isshoukenmei hagemu hitsuyou ga arimasu

頑張りますよ is no problem.
Actually your pronunciation is totally great!
Q: 推薦状について、ご迷惑をかけてすみません! この表現は自然ですか?
A:
〉先生は推薦状をまだ書いていません。それでも、「ありがとうございました」を使いますか。

 いいえ。次のようにしたら、どうでしょうか。

 「推薦状をお引き受けくださり、ありがとうございます。」

謝るのではなく、感謝の気持ちを伝えたほうが いいと思います。
Q: このレストラントが推薦された。 この表現は自然ですか?
A: The last ト is not used in Japanese. ^^)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

推薦

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問