掻き立てるの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「掻き立てる」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. "掻き立て" は、"やる気が起きる", "意欲が湧く" などの意味を持ちます。 ただ、日本語では、文法的には "受動態" で使われるのが一般的だと思います。 ex) ワールドカップで大勢の声援を受けて、大いに意欲が "掻き立てられた" という感じです。 この場合の主語は "私" で、文法的には "受動態" の文章になっています。 反対に英語では、"You motivate me a lot." というケースはないでしょうか? 主語は "you" で、文法的には "能動態" の文章になっています。 日本語と英語は水と油なので、主語や能動態/受動態が真逆になるケースが頻繁にあります。 むりやり、能動態でこの言葉使おうとすると、こんな感じになります。 「想定していた以上の成果をあげることができて、ますますファンの声援が大きくなりました。それは、半ばあきらめていた私の意欲を掻き立てのに、充分なものでした」 というような文章を作ることは可能です。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

掻き立てるの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。