救援の例文や意味・使い方に関するQ&A

「救援」を含む文の意味

Q: 救援. can this be use for goverment help from tsunami
例え(日と英でお願い) とはどういう意味ですか?
A: 使えます。

津波で孤立した人達は政府の救援を待った。
isolated people waited government help from tsunami.
Q: 救援隊が来てくれたくせで。「くせで」はどういう文法ですか とはどういう意味ですか?
A: 「くせで」は間違いで、「おかげで」が正しいと思います。

「救援」の使い方・例文

Q: 救援 を使った例文を教えて下さい。
A: 例文ありがとー😊😊😊
Q: 救援 を使った例文を教えて下さい。
A: 救援物資が災害地に届いた。

被災地の救援活動が昼夜を問わず続けられている。

「救援」の類語とその違い

Q: 救援 と 救助 はどう違いますか?
A:救援”は、“support”の意味が強いです。
災害のあとで避難してきた人たちのために、食べ物や一時的に生活する場所などをprovideすることが、“救援”です。
“救助”は“rescue”です。
災害などで逃げられない人や、けがをした人を助けることを言います。

ex:
避難してきた人たちに、食糧を救援する。
倒れた家の中に残っている人を救助する。

「救援」を翻訳

Q: 救援
救済
救助
救援

what's the differences? は 日本語 で何と言いますか?
A: first and fourth is the same

救援、救済、救助の違いは何ですか?

「救援」についての他の質問

Q: 구원의 손길을 애타게 기다리고 있는 이재민들.
救援の手を待ちこがれている被災者たち。

この場合日本でも「救援」を使いますか?「救いの手」の方がいいでしょうか?
ちなみに、ここで使われている구원は、被災者への具体的で実質的な(日本語の)救援って意味ではなく、より包括的な意味合いを持っています。ですので、「救いの手」にした方がいいかを聞いているのです。

あと、これ以外の翻訳は自然ですか?


난관에 봉착한 이재민 구호 사업.
難関に直面した被災者の救援事業。

日本では「難関に逢着する」とも普通に言いますか?
あと、被災者の구호(救護) 사업の場合に日本では「救護事業」とは言わないのですか?

A: 救援の手と使わないこともないが、「救いの手」の方が日本人はより自然に感じるとおもいます。
「難関に逢着する」と言っている日本人を見たことがないので、日常生活では、使わないです。意味はわかりますが。
救護事業でもいいですが、支援活動の方が、よく使われていると思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

救援

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問