教員の例文や意味・使い方に関するQ&A

「教員」を含む文の意味

Q: 教員も存外なりふり構ってはいられないらしい とはどういう意味ですか?
A: i think 教員も存外なりふり is difficult for me as a native japanese to understand. so i can't help you.

「教員」の類語とその違い

Q: 教員 と 先生 と 使い分け方も教えていただければ幸いです。 はどう違いますか?
A: 教員はteacherという意味の職業を表す名詞で、敬語ではないです。
先生は敬称で、教員や医師や政治家など、なにか教えてもらいたい相手や頼りたい相手に使います。

例文:
私は中学校の教員です。
田中先生に英語を教えてもらった。
鈴木先生に診察してもらった。
国会議員の佐藤先生に陳情した。
Q: 教員きょういん と 教師きょうし はどう違いますか?
A:

these are very similar, even Japanese people think them almost same words.

but actually they are slightly different.


「教師」は学校の先生に限らず、様々な立場でものを教える人のことをいいます。(not limited in school)

教員」は学校において学生を教育する立場にある人のことをいいます。(it means only the teacher of school.)



https://gimon-sukkiri.jp/teacher/
Q: 教員室 と 職員室 はどう違いますか?
A: 調べてきました。

先生ではない事務係の人が同室である場合、職員室。
先生だけの場合、教員室。

スペースの関係で事務室が作れなかった学校も多かったようです。
Q: 教員 と 教師 はどう違いますか?
A: 教員 is only used for a teacher belongs to a school.
教師 is used more widely.
e.g.
兄は、中学校の教員をしています。
姉は、ピアノの教師です。

「教員」についての他の質問

Q: 教員情報・指導教員の発音を音声で教えてください。
A: 「・」は、読むときは言葉にしません。
けれども、「〜や〜」「〜と〜」というふうに言葉を並べるときに使います。
Q: 教員免許状・教員免許証

どう違いますか?

あと、日本では「教員資格証」とは言いませんね?
A: 원래 교원자격증은 정식명칭을 教育職員免許状(줄여서 教員免許状)라고 하고 자격증과 자격 자체를 총칭해서 教員免許라고 합니다.
사진에 있는 〇〇学校教諭第〇種免許状는 그 자격마디의 구분을 하는 거고 자격증 자체를 하는 게 아닙니다.
쉽게 말하자면 ‘운전면허증’이라는 명칭이 있고 ‘〇종보통면허’라는 구분이 있는 것과 마찬가지입니다.
일상에서는 教員免許 또는 자격증을 굳이 말한다면 教員免許状라고 합니다.
Q:教員の資格 持ってたからさあ、脱サラして、今までにない幼稚園やりたいなって思ってたら、たまたまとうちの経営者と知り合って、園長代理 任されたのよ。」

1.どうして「持ってるから」じゃなくて、「持ってたから」を使いますか。今までずっと持っているんじゃないですか。
2.「幼稚園やりたいなって思ってたら」の「たら」は仮定じゃないですよね。その意味はなんですか。
A: ①:「園長代理を任された」=過去の話:「(その時資格を)持っていた」過去形

⓶この場合「たら」は、「物事が続いて起こる」ことを表します。
after の意味です。
このサイトが参考になります。
https://j-nihongo.com/tara/

お役に立てれば幸いです。
Q: 教員が控所へ揃うには一時間目の喇叭が鳴らなくてはならぬ。
ここの「に」の意味は何ですか?
A:
"に"の付いた部分を強める表現。
この文章の場合は、"揃う"を強調しているのだと思います。
Q: 教員と教師はどう違いますか。
A: @naka_0117jp: @TakanoMasanori: @Qoo900:
どうもありがとうございました。
今、能力試験n2の自習をしていますから、もっといっぱい質問があってよろしくお願いします。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

教員

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問