日々の例文や意味・使い方に関するQ&A

「日々」を含む文の意味

Q: 日々、大勢の方々が受診に見えているでしょう。 の「見える」 とはどういう意味ですか?
A: 「来ている」を丁寧に言っていると思います。
毎日たくさんの「患者様」が診察を受けに来られている。とい感じかな。
Q: 日々の訓練の成果を競う。 とはどういう意味ですか?
A: (日々の訓練によって身につけた) 実力を競う。

日々の訓練が大変だけど、それを乗り越えて前よりも高い実力がついたであろう、ということに重点があります。
Q: 日々折々 とはどういう意味ですか?
A: 四季折々しか聞いたこと無いけど
四季折々の景色が、春夏秋冬に応じたいろいろな景色ということだから、

その日、その日に応じたoo
というとこになるような。
Q: 日々 とはどういう意味ですか?
A: ex) "忙しい日々を過ごしています":"I am having busy days."
"日々成長しています":"I am growing day by day."
Q: 日々気持ちが不安定で病みツイートが多いので不快に思ったらブロックして頂いても結構です とはどういう意味ですか?
A: I often express my gloomy feelings on my tweet cuz I'm always emotional unstable.So if you don't like it,I don't mind your blocking me.

「日々」の使い方・例文

Q: 日々 を使った例文を教えて下さい。
A: ・全国大会に出るために日々ピアノの練習をしている
日々勉強する
Q: 日々 を使った例文を教えて下さい。
A: わたしは日々努力している。
わたしは充実した日々を送っている。

などです。
Q: 日々 を使った例文を教えて下さい。
A: 私は日々問題に直面している。every day
日々の仕事 routine

Q: 日々 を使った例文を教えて下さい。
A: 日々の成果があらわれはじめた。
日々精進
Q: 日々 を使った例文を教えて下さい。
A: 日々努力する
Do my best every day

「日々」の類語とその違い

Q: 日々 と 毎日 はどう違いますか?
A:日々」=「毎日」(Two words have the same meaning)

「毎日」=spoken language(we use it when speaking)

日々」=literally language(we use only in writing and literature)

Q: 日々 と 毎日 はどう違いますか?
A: 日々 daily life
毎日 everyday
Q: 日々 と 毎日 はどう違いますか?
A:
Those are almost the same but when you comparing them, 日々 is a 話し言葉 while 日常 is a 書き言葉. And from the another aspect 日常 is used in 熟語 often, 日常生活, 日常会話, 日常習慣 and such for example, while 日々 doesn't.
Q: 日々、日常 と 日ごと はどう違いますか?
A: 日々…毎日、いつも
「語学の勉強に日々取り組んでいます」

日常…普段(形容詞的に使われることが多い)
「この言葉は日常会話ではあまり使いません」
「ここではこういった厳しい訓練が日常的に行われています」

日ごと(に)…毎日繰り返しているうちに程度が増していく時に使います
「不節制が続き、日ごとに体重が増えていった」
「高熱が続き、日ごとに弱っていった」
Q: 日々 と 毎日 はどう違いますか?
A: 日々=Day after day
毎日=Every day

「日々」を翻訳

Q: 日々の糧 は 日本語 で何と言いますか?
A: 日々の糧・・・매일의 양식

「糧」とは「食物、食糧」という意味です。「日々の糧」は「毎日のご飯を食べる手段=お金を稼ぐ手段」という意味も含まれると思います。
Q: 日々是 は 日本語 で何と言いますか?
A: ひびこれ
Q: 日々の合間を縫って 라는 표현 잘 쓰나요? は 日本語 で何と言いますか?
A: 네,잘 써요.
특히 合間を縫って or 合間を見つけて는 대화할 때도 글에서도 쓰는 거예요.

「日々」についての他の質問

Q: 日々を過ごすって知っていますが、日々を送るという言葉はありますか。
A: はい、日本語に日々を送ると
言う言葉はあります。
Q:  日々発展し続けるネット技術とともに、我々の仕事モッドは以前よりはるかに豊富になりつつある。その同時に生み出した大勢なフリーランスという社会現象が話題になっている。
  自由の視点から見ると、やはりフリーランスという仕事モードの方がより良いだろう。毎日時間に追われて何度も何度もいっぱい詰めている電車で会社へ通わずに済んだ。余裕な時間を持って、のんびりと快適な環境で仕事を片付けられる。また上司の機嫌を、複雑な人間関係を気遣う必要がない。確かに自由と理想的な仕事モードと思っている。
  ところが、コインの裏表のように、我々に計り知れない利便性をもたらす一方で、同時にいくつかデメリットがある。私なりに考えてみたところ、従来の会社の仕事モードは我々に良い仕事を雰囲気をくれられ、深く突き詰めて働くのに適していき、効率も高い。また、そういう仕事環境では、様々な同士と交流の機会が多く、寂しいくなくない。しかし、フリランスというとそういったメリットがない。それだけではなく、自分を律されないので、怠るになりがち、人と交流をとらないで、独自に仕事をやるばかりでは、自分の成長に役立たないに違いない。そうすれば、会社勤めにもフリーフランスに置き換えられないメリットがあるということだ。
 もちろん、会社勤めもデメリットがある。例えば、通勤が必要がある。また上司の機嫌を、複雑な職場の人間関係を気遣わなければならない。従って、物事を一面だけで見ってはいけない。メリットによる利便性だけではなく、デメリットにも目を向けるべきであるだろう。実際、現在の社会では我々常にいろいろな選択に向かわなければならない。選択に当たっては、自分の判断基準を最良ではなく最適であると明確にした上で、メリットとメリットを考慮することが必要であると思っている。 この表現は自然ですか?
A:  日々発展し続けるネット技術とともに、我々の働き方は以前よりはるかに豊富になりつつある。それと同時に生み出された大勢のフリーランスという社会現象が話題になっている。
  自由という観点から見ると、やはりフリーランスという働き方の方がより良いだろう。毎日時間に追われて何度も何度も満員電車で会社へ通わずに済むからだ。そして時間に余裕を持って、のんびりと快適な環境で仕事を片付けられる。また上司の機嫌を、複雑な人間関係を気遣う必要がない。確かに自由で理想的な働き方であると思われる。
  ところが、コインの裏表のように、我々に計り知れない利便性をもたらす一方で、同時にいくつかデメリットがある。私なりに考えてみたところ、従来の会社の働き方は、我々にとって良い職場の雰囲気をもたらす。それは深く突き詰めて働くのに適しており、効率も高い。また、そういう職場環境では、様々な同僚と交流する機会が多く、寂しさを感じることがない。
一方、フリーランスにはそういったメリットがない。それだけではなく、自ら自分を律する必要があるため、安きに流されて怠けがちになる。人と交流せず、独自に仕事をやるばかりでは、自己満足に終わり、自分の成長に役立たないに違いない。
こういった点においては、会社勤めにもフリーフランスに置き換えられないメリットがあるということだ。
 もちろん、会社勤めにもデメリットがある。例えば、通勤の必要がある。また上司の機嫌を、複雑な職場の人間関係を気遣わなければならない。従って、物事を一面だけ見て判断してはいけない。メリットによる利便性だけではなく、デメリットにも目を向けるべきだろう。
実際、現在の社会では、我々は場面に応じて常にいろいろな選択をしなければならない。選択に当たっては、自分の判断基準を最良ではなく最適であると明確にした上で、メリットとデメリットを考慮することが必要であると私は思うのだ。
Q: 日々発展し続ける科学技術のおかげで、我々の生活と学習は以前よりはるかに便利と効率になっている。その一つ、電子辞書の出現である。学習視点から見れば、電子辞書は我々の学習効率の向上に大きく貢献している。時間をかけて毎ページに重い辞書で単語を調べずに済んだ、カートの大きさだけだが、いろいろなブックを含まっている。また検索も素早く出来る。まさに軽便と効率を兼ね備えていると思われている、それを選ぶ人は自然と多くなっている。
  ところがコインの裏表のように、我々に計り知れない便利さをもたらす一方で、同時にいくつかデメリットがある。私の経験から言うと、紙のブックは自分で検索した記憶と思索の痕跡が残りやすく、深度に学習には適ししているように思うが、電子辞書はというメリットがない。次に、紙辞書に比べて、電子辞書の値段もより高い。また、電子産品は電池に依頼しているので、頻りに電池を付け替えなければならなく、長時間に使うことができないというデメリットがあると思っている。とすれば、紙辞書のほうがも電子辞書に置き換えられないメリットがある。
  したがって、物事を一面だけ見てはいけない。メリットによる利便性に比べて、デメリットにも視線を向けるべきである。実際、現在は様々な商品があることから、選択に当たっては、自身が『最良ではなく、最適である』ということを明確した上で、メリットとデメリットを考慮することがひつようである。

私は日本語の初心者です。大学院に入るために、日本語の文章を練習していますが間違いが分からない。故に僕の文章を修正していただきませんか? この表現は自然ですか?
A: 日々発展し続ける科学技術のおかげで、我々の生活と学習は以前よりはるかに便利で効率的になっている。その一つが、電子辞書の出現である。学習者の視点から見れば、電子辞書は我々の学習効率の向上に大きく貢献している。時間をかけてページを開き、重い辞書で単語を調べずに済むし、本体の大きさはコンパクトだが、いろいろな本が収録されている。また検索も素早く出来る。まさに軽便と効率を兼ね備えているといえるため、それを選ぶ人は自然と多くなっている。
  ところがコインの裏表のように、我々に計り知れない便利さをもたらす一方で、同時にいくつかデメリットがある。私の経験から言うと、紙の本には自分で検索した記憶と思索の痕跡が残りやすく、深く突き詰めて学習するのに適しているように思うが、電子辞書はというとそういったメリットがない。次に、紙の辞書に比べて、電子辞書の値段はより高い。また、電子辞書は作動する電力を電池に依存しているので、頻繁に電池を付け替えなければならず、長時間使用することができないというデメリットがあると思っている。とすれば、紙辞書にも電子辞書に置き換えられないメリットがあるということだ。
  したがって、物事を一面だけで見てはいけない。メリットによる利便性だけではなく、デメリットにも目を向けるべきである。実際、現在は様々な商品があることから、選択に当たっては、自身の判断基準を『最良ではなく、最適である』と明確にした上で、メリットとデメリットを考慮することが必要である。

こんな感じでいかがでしょう?
Q: 日々メイクするのが好きな人への作ってみたポストです。

僕の意見はメイクしても、メイクしなくても、皆さんの美しさは、メイクするよりもメイクしない方が綺麗だと僕は思います (でも勿論メイクしてる人を見るといつも思考は「綺麗なーけどなんで本当の美しさを隠してみるかなーあの人って思ってます。)
が、メイクすることが好きな人はそんなことはないん(メイクしないと綺麗じゃないって)だと思いがちで、あの人たちによると、毎日メイクをしないと自信を持ってないんだそうですと僕は聞いたこともありますのに、実は本当ですかー? 皆さんのままで綺麗だし美しいんですが!(僕の意見が変えれない ^ ^)

(今日の社会に「溶け込める」ためにメイクを売ってる営業は、なんとなく君に買おうとさせられる人造嬉しさな作品が多い :(。) 意見ではメイクとは、人造な美しさをあげるために、メイクしてる人達の自然な美しさを社会に隠す産物だと僕も思ってしまいます。)

皆さんのままで綺麗ですよ!本当に!

長文を書いてあってごめんなさい!



理解できない所なんかあれば教えてください!
A: 原文を活かして、少し手直しをしてみました。


「メイク」に対する僕の意見です。
僕は皆さんの美しさは、メイクをしているか、いないかでは計れないと思っています。むしろメイクをしていなくても良いとさえ思うのです。(きちんとメイクしてる人を見ると、いつも「綺麗だなー。けど、なんで本来の美しさを隠してしまうのかなー?あの人。」って思ってます。)

けれど、メイクすることが好きな人には、僕の意見は受け入れがたいようで、聞いた話では、そういう人達って毎日メイクをしないと自分に自信を持てないんだそうです。本当ですかー? 皆さんは、そのままで綺麗だし美しいんですが!(僕の意見はゆずれない^_^)

今の「社会に順応するために必要」と言って化粧品を売るプロモーションでは、皆さんに商品を買わせるために加工、修正してまったく自然に見えない作品が多いと思います。だから、化粧品やメイク道具は、人工的に加工された美しさをアップすることはできるけど、メイクする人達が持つ自然な美しさを社会に対して隠してしまう負の要素もあるのかなと僕は思っています。

皆さんはそのままで綺麗なんですよ!
本当に!
Q:日々是作文」、是てどんな読み方ですか?
A: これ: ひびこれさくぶん
日本人が中国語風に日々是~ と書くときは、ひびこれ~ と読みます。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

日々

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問