日本語の例文や意味・使い方に関するQ&A

「日本語」を含む文の意味

Q: 日本語のボキャブラリーのなさをいつも身に染みて感じます。 とはどういう意味ですか?
A: 我常常觉得我日语措辞贫乏.
Q: 日本語がんばろうね^ ^ こどもたちの、日本語もすごく勉強になるとおもうよ❗️ とはどういう意味ですか?
A: keep up the good work about Japanese.
I think that Japanese which spoken by children will be the good way for you to learn, too.
Q: 日本語のみでごめんなさい! とはどういう意味ですか?
A: I'm sorry my message is all written in Japanese.
Q: 日本語の細いところだけど、アニャが勉強したいなら直します! とはどういう意味ですか?
A: The following answer is based on my assumption about the context.
"日本語の細いところだけど、アニャが勉強したいなら直します!"
The second half of the sentence means "I will correct (something) if you want to improve your Japanese." The object of the verb "correct" is omitted because it's obvious if you refer to the first half of the sentence. That is, "日本語の細かいところ", which means "minor errors in your Japanese sentences." I assume that you wrote some Japanese sentences and the person found some minor errors in them. However, he/she hesitated to correct them because you had not asked for it. Therefore, the person wrote so. For an example of "minor errors" I meant, if you had said, "私の名前がアニャです," the person would have understood what you had meant, but noticed the error in the particle after 名前. Maybe you have noticed minor errors in my English sentences too, but you may hesitate to correct them because I have not asked for it and you have understood my English (hopefully!). Incidentally, if you say, ”細かいところまで直してください,” that means, "Please correct my minor errors as well as major ones."
Q: 日本語を聞き流して覚えてますか? とはどういう意味ですか?
A: "Are you learning Japanese by listening a Japanese a lot casually?"

聞き流す means "to listen a lot without trying to catch every single word/without being very careful " here.

「日本語」の使い方・例文

Q:日本語を勉強しています」 「日本語の勉強をしています」この違いが分かるように、、、 を使った例文を教えて下さい。
A: 今何してる?
日本語を勉強しています

どんな勉強をしてる?
日本語の勉強をしています

こんな感じかな、、、?
Q:日本語能力で卒業したらどんな仕事が出来る?」 を使った例文を教えて下さい。
A: もうすでに文になっています。
Q: すみません、日本語の問題じゃなくて、他の問題あるんです。あの、外で甚平を着くのは変ですか。着きたいんですが.... を使った例文を教えて下さい。
A: 自由だとは思いますが、ジャージとかと同じく、最寄りのコンビニぐらいまでですかね。

飲食店では やめといたほうが無難可と思います。
Q: 日本語を習い始めたとき、私のしはいつも発音が私の発音はいつも間違っていたので、私の日本の友達はしの発音を教えてくれました。日本語を勉強してから、私の日本語のレベルは年々高くなっています。時々中国語と日本語の発音を混同しますが、やはり日本語の勉强を続けたいです。将来にチャンスがあれば、よく日本へ旅行に行きたいです。そうすれば、勉強した日本語を忘れないだろう。 を使った例文を教えて下さい。
A: 日本語を習い始めた頃、私は「し」の発音をいつも間違っていたので、私の日本の友達が「し」の発音を教えてくれました。日本語を勉強し始めてから、私の日本語のレベルは年々高くなっています。時々中国語と日本語の発音を混同しますが、やはり日本語の勉强を続けたいです。将来、チャンスがあれば、もっと日本へ旅行に行きたいです。そうすれば、勉強した日本語を忘れないでしょう。
Q: 日本語で何々’ぜ’と何々’ぞ’はどう言う場合にどう言う風に使っていますか、二つを比べながらご例文をお使いになさってご説明お願いいたします。宜しければただ今の例文の所も日本語らしくお直しお願いいたします。 を使った例文を教えて下さい。
A: 難しいご質問ですね。
まずはいまお書きになった文の訂正から
-----------
日本語で何々’ぜ’と何々’ぞ’はどう【い】う場合にどう【い】う風に【使うのか】、二つを比べながら【(削除)】例文を【使って】ご説明お願いいたします。
----------

さて、本題に入りましょう。
私の感覚では「ぜ」よりも「ぞ」のほうが使用範囲が広いような気がします。
「ぜ」は東京周辺に住む10歳~20歳くらいの男の子が同等か目下の人に使うようなイメージ。
「ぞ」は「ぜ」の使用範囲に加えて、中年の男性も使っているように感じます。

「いまそこで警察が検問やってたぜ」
「いまそこで警察が検問やってたぞ」

「それはよくないぜ」
「それはよくないぞ」

前者後者とも意味は同じですが、話している人の年齢が違うように感じます。
ただ、「ぜ」のほうが仲間意識が強く感じられます。

私の場合は「ぞ」は使いますが、「ぜ」は一度も使ったことがありません。

「日本語」の類語とその違い

Q: 日本語をはなします と 日本語をはなせます はどう違いますか?
A: The former one is "I speak Japanese" and the latter is "I can speak Japanese"
Q: 日本語が下手です と 日本語が苦手です はどう違いますか?
A: 下手 not good at something. I'm not good at japanese. I may try hard but I am not good yet.

苦手 don't like. I don't like japanese. Just because you study something or eat something doesn't mean you like it.
Q: 日本語の修行は中国語のと同じです と 日本語の修行は中国語の修行と同じです はどう違いますか?
A: For me, neither of them sound natural. You might want to make it 「日本語の勉強は中国語の勉強と同じくらい難しいです」, 「日本語の勉強は中国語の勉強と同じくらい楽しいです」or 「日本語の勉強は中国語の勉強とだいたい同じようなものです」

- "修行" is usually used for spiritual practice.
- 日本語の勉強 is not 中国語の勉強 so you cannot directly make them "同じ"
- You cannot omit second 勉強 in writing while in verbal, its OK.
Q: 日本語を書くのは難しいです。 と 日本語は書くのが難しいです。 はどう違いますか?
A: Yes, they are both grammatically correct.

日本語を書くのは難しいです means simply "It is difficult to write Japanese."

On the other hand, 日本語は書くのが難しいです has two kinds of connotations; 1) compared to writing other languages or 2) compared to speaking, reading, or listening to Japanese.
So it means more like "Japanese is difficult to write (compared to English for example)" or "Writing is the difficult part in Japanese (compared to speaking)".

Hope this helps!
Q: 日本語を少し話せます と 日本語が少し話せます はどう違いますか?
A: Both are correct. We will use both expressions depending on the situation or context.

For example, When you are asked what language you can speak, the most important answer word is "日本語", in such case we use が because in this way, you can stress out 日本語 with implicit indication like NOT Chinese, NOT French but 日本語.

を can be used in broader situation in general.

「日本語」を翻訳

Q: I haven’t written anything on the notebook that I bought to study Japanese. Is this equal to “日本語 を 勉強する ように 買った ノート で 何も 書いていません。” and is it natural? Thank you! は 日本語 で何と言いますか?
A: 日本語 を 勉強する ために 買った ノート に 何も 書いていません。
Is better
Q: 日本語で[なんて]と[なんと]が違いますか? は 日本語 で何と言いますか?
A: なんて より なんと の方が、丁寧な表現の中で使われることがおおいです
例えば
今なんて言った?
今なんとおっしゃいましたか?
などのように使います
なんて も なんと も意味は同じです
Q: I can't ask Premium questions so I Have to ask like this. So my question is, is this right? 日本語はハード、しかし私はそれを学ぶでしよう (Japanese is hard, but I'll learn it.) は 日本語 で何と言いますか?
A: 日本語は難しいけど勉強します。
Q: 日本語日本語 で何と言いますか?
A: 日本語
(Nihongo)

"Ni Hon Go"

Means Japanese Langauge.
Q: 「什么电影」は 日本語で なんですか は 日本語 で何と言いますか?
A: 何の映画ですか?
na n no e i ga de su ka

「日本語」についての他の質問

Q: which particle is correct?
日本語 を もっと上手になりたい
日本語 が もっと上手になりたい
Please explain
A: 日本語がもっと上手になりたい  is better. At least 日本語を上手くなりたい is wrong.
The most normal way to say it is 日本語をもっとうまく話せるようになりたい
Q: 日本語の文法を勉強していますが、「忠告する言い方なので、目上の人には使わないほうがよい」という文をよく見ます。
目上の人に忠告したいとき、どうしますか。
A: 上司との関係や場面にもよりますが、
もしも「○○ではなく✕✕にしたほうがいい」と忠告したいときは、

「(〇〇ではなく)✕✕はいかがでしょうか」

と、忠告ではなく提案する、といった方法もあります。
Q: 日本語を習いの道が長いですよ この表現は自然ですか?
A: 日本語を習う事は 時間がかかりますよ。
Q: 日本語を勉強していますどうですか この表現は自然ですか?
A: Sometimes that is not enough.
You should write like this:
日本語を勉強しています。この文は正しいですか。
Q: 日本語を話せるなんて知らなかったよの発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

日本語の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。