明治維新の例文や意味・使い方に関するQ&A

「明治維新」を含む文の意味

Q: 明治維新が面白いですよ!
1853年ペリー来日から
家康の再来と呼ばれた15代将軍徳川慶喜→新撰組VS討幕派→日中戦争→日露戦争。

鎖国により欧米に対し、技術力において、大きく遅れをとっていた日本。
それがロシアに勝つまでに強くなった歴史が面白い! とはどういう意味ですか?
A: The Meiji Restoration is so interesting!

From Perry's arrival in Japan in 1853, the 15th shogun, Keiki Tokugawa, who was called Ieyasu's second coming → Shinsengumi vs. Tobakuha → the Sino-Japanese War → and the Russo-Japanese War.



Japan lagged far behind the West in terms of technology due to its isolation from the West.

The history of how it got strong enough to beat Russia is interesting!
Q: 明治維新後に神社が行政における公的役割を担うようになると、神社は統廃合され、現在の数になった。 とはどういう意味ですか?
A: 明治維新(Meiji Restoration)の後、神社は国の行政機関(administrative institution)になりました。その時、一部の神社はなくなったり、別の神社と合体させられたりしました。そのため、現在の神社は今ある数になりました。
Q: 明治維新とか?
江戸は遠山の金さんとか子連れ狼、鬼平とか剣客商売とか? とはどういう意味ですか?
A: 明治維新(Meiji Restoration, Meiji Revolution)is a historical event in Japan,beggining Meiji period.
江戸は遠山の金さん(MR.Kin Toyama in Edo )
子連れ狼(Love wolf and Cub)
鬼平犯科帳(Onihei's crimes note)
剣客商売(Swordsman's Business)
are period play or novel.

「明治維新」についての他の質問

Q: 明治維新でその鎖が解かれると、だんだんに好奇心と冒険心、そして野心に溢れた若者たちが海を渡り始める。日本人の移民が増えるのに伴い、世界の人々に伝統的な日本の食べ物を紹介した。和食のレストランはいろいろな国々の文化が取り入れた。現在、世界中に和食を味わうことが楽しめられる。
 
開国のグローバル化は日本に西洋の食べ物を取り入られた。これは脅威そうだった。しかしながら、明治維新以後、海外に移住した日本人が和食を紹介したので、外国人は和食を知り、例えばオーストラリアにも和食レストランができていて、評判がいい。そして現在、海外で和食の受けがいい。和食は文化遺産になったので失われると思われない。 この表現は自然ですか?
A: >開国のグローバル化は日本に西洋の食べ物を取り入られた。

開国とともに、日本に西洋の料理が入ってきた。

>これは脅威そうだった。

Doesn't make sense grammatically and in the context.

>しかしながら、明治維新以後、海外に移住した日本人が和食を紹介したので、

I don't think I know how I can correct it because I'm not sure why the conjunction「しかしながら」needs to be in the sentence. Is that related contextually to 'これは脅威そうだった' ?

>外国人は和食を知り、

日本国外でも和食は知られだして、

>そして現在、海外で和食の受けがいい。

そして今では料理の一ジャンルとして、和食は世界で受け入れられている。

>和食は文化遺産になったので失われると思われない。

もはや文化財といっていい。これからも生き残っていくと思われる。
Q: 明治維新でその鎖が解かれると、だんだんに好奇心と冒険心、そして野心に溢れた若者たちが海を渡り始める。 最初に日本人は真珠貝を搾取する潜水夫としてオーストラリアに行って働いた。そして、ゴールドラッシュにも参加した。日本人は移動しつつ和食のレストランはオーストラリアの文化に取り入れた。現在、和食は受けがいい。

和食は文化遺産になったので失われると思われない。しかしながら、日本人にグローバル時代に行った特有の健康の問題や起こりやすい生活習慣病について学んでいかなくてはならない。 この表現は自然ですか?
A: 意味は通じますが、より自然な表現になるよう訂正させていただきます。



明治維新でその鎖が解かれると、好奇心と冒険心、そして野心に溢れた若者たちが次々と海を渡り始める。 最初に日本人は真珠貝を搾取する潜水夫としてオーストラリアに行って働いた。そして、ゴールドラッシュにも参加した。日本人は移動しつつ和食のレストランはオーストラリアの文化に取り入れられた。現在、和食は受けがいい。

和食は文化遺産になったので失われると思われない。しかしながら、日本人はグローバル時代ゆえに生じる健康の問題や起こりやすい生活習慣病について学んでいかなくてはならない。」




※補足
グローバル時代 “ゆえに”

の “ゆえに” は

グローバル時代 “だからこそ”

に置き換えられる言葉です。



“生じる(しょうじる)” は “起こる” と同じ意味です。

ここでは、同じ言葉が連続するのを避けるために使いました。



Q: 明治維新からの日本史について多様な視点 この表現は自然ですか?
A: 明治維新以降(いこう)の日本史における多様な視点
などが良いと思います!

関連する単語やフレーズの意味・使い方

明治維新

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問