明鏡止水の例文や意味・使い方に関するQ&A

「明鏡止水」の使い方・例文

Q: 明鏡止水 を使った例文を教えて下さい。
A: 明鏡止水の気持ちで新年を迎えることができた

相手とのわだかまりが溶け、明鏡止水の日々を過ごした

明鏡止水の心境で試合に挑む

明鏡止水の気持ちで、余命を生きる

彼は明鏡止水の気持ちを抱いている

「明鏡止水」についての他の質問

Q: 明鏡止水のように、体を構えた。鳥になりたい。迷いの余地がない。そして、僕はそのまま飛翔した。 この表現は自然ですか?
A:明鏡止水」とは「落ち着いていてclearな心の状態」という意味ですので体の動きやポーズに対して使えません。

言いたいことの大体の意味はわかりますので、もし、私が書くとしたらこんな感じの文章にします。

「「鳥になりたい。」その気持ちに迷いはなかった。明鏡止水のように、心は澄んでいた。そして、ゆったりと力を抜いて体を構え、次の瞬間、僕はそのまま大地を蹴り飛翔した。」

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

明鏡止水

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問