星の例文や意味・使い方に関するQ&A

「星」を含む文の意味

Q: がみた夢、君がみた僕 とはどういう意味ですか?
A: The dream the stars had, the me you saw.
Q: を斬るとは…あのふり下ろし、受けていたら唐竹割りにされる所じゃったな とはどういう意味ですか?
A: (maybe an old man speaking?)

“He cut the star...(*surprised*) If I had received that swing, I would have been cut right into two pieces.”

唐竹割り means to cut somthing into two pieces like the picture below
Q: を見に来てるんだ とはどういう意味ですか?
A: In this case, んだ adds an explanatory mood to the sentence.
The sentence is likely to a response to a listener's question.
For example:
どうしてここにいるの?
Why are you here?
を見に来てるんだ。
I've come to watch stars.(that's why.)
Q: とはどういう意味ですか?
Q: このは、鉱物に含まれるユプシロンの影響から、そこに生きる者の心を癒やし争いを忘れさせるという。 とはどういう意味ですか?
A: このは、(このにある)鉱物に含まれるユプシロン(という物質)の影響から、①そこに生きる者の心を癒やし、②争いを忘れさせる そうだ。

「星」の使い方・例文

Q:人 を使った例文を教えて下さい。
A: ・あの人には常識がないのかな?まるで異人だね。
(マナーがとても悪い人を見た時とか)
・あの人1人で喋ってる…異人と交信してるのかな?


人という言葉自体あまり日本人は日常的には使わないです。同じ意味で、「宇宙人」の方が比較的よく使われます。

宇宙人に会いたい、とか、変わった人に「宇宙人」とアダ名をつけたりしますね。
Q:」 を使った例文を教えて下さい。
A: は夜に見ることができます。
空にはたくさんのが輝いています。
Q: を使った例文を教えて下さい。

「星」の類語とその違い

Q: 5食事 と 5つの食事 はどう違いますか?
A:
We use 5つの食事. We cannot use the other one.
Q: を見るのは好きです。 と を見るのが好きです。 はどう違いますか?
A: が を使うと強調した形になります。
要するに、
を見るのが(すごく)(1番)好きです
を見るのは(まあまあ)(普通に)好きです
となります
Q: がピカピカ光る と がきらきら光る はどう違いますか?
A: いざ、オノマトペの違いを聞かれると、結構難しいです。^_^);;

「ピカピカ」も「きらきら」も光の点滅( light going to on and off)を表すオノマトペだけど、「ピカピカ」の方が光が強い感じや大きな感じがします。

「きらきら」は、とても小さな光の粒がたくさん点滅を繰り返している感じです。
Q: に願うは貴女の幸せ と に願うのは貴女の幸せ はどう違いますか?
A: 意味は同じですが、最初のは歌詞のようで日常では2番目のほうがいいと思います。
Q: と ほし はどう違いますか?
A: "" is pronounced as "ほし"。
So "" and "ほし" mean same thing.

But we use "" more often than "ほし" to write.
Because, it is a little difficult to understand a text Japanese without Kanji. Text without Kanji is like the following for us. ↓ "BecauseitisalittledifficulttounderstandatextJapanesewithoutKanji."

So, normally we write as "". But sometimes we use "ほし" too, because Hiragana has warm or childish atmosphere. Kanji is sometimes too dry or scholarly.

It is not only for "" and "ほし", but for all Kanji and Hiragana. For exemple "水" and "みず"、"雨" and "あめ" etc.

I think our usage of "Kanji", "Hiragana" and "Katakana" is like the usage of 3-color pen. There are no difference in the meanings, But each character makes different impression.

「星」を翻訳

Q: は 日本語 で何と言いますか?
A: 追っかけ
Q: 期一到期日 は 日本語 で何と言いますか?
A: げつようび
かようび
すいようび
もくようび
きんようび
どようび
にちようび
Q: 期六上学吗? は 日本語 で何と言いますか?
A: 土曜日は学校に行きますか?
Q: 期六我要去东京开会 は 日本語 で何と言いますか?
A: 土曜に東京へ会議に行きます
Q: 期六去海洋王國 は 日本語 で何と言いますか?
A: 土曜日に海洋王国に行く

「星」についての他の質問

Q: の空を見ては、夢をみる。
この表現は自然ですか?
A: 「~ては」でも正確です!
ただ、見ては と 見るたび は同じ意味ですが、見るたびの方が良く使われると思います!
Q: ださんは勉強するのが 上手です この表現は自然ですか?
A: 勉強するのが好きです、の方が自然です。
Q: 々と空!空と々!私は人間だ。
人間は他人を羨む気持ちがある。
でも私は美しい々を羨み、々の代わりに空にいたいなぁ。 この表現は自然ですか?
A: @Benkyou_ni_muchuu: 澄んだ空気が喉に流れ込んでくるような文ですね。

「人間は他人を羨む気持ちがある。」
人間には他人を羨む気持ちがある。
人間は他人を羨む気持ちを持っている。

文法的に間違いというわけではありません。私の個人的な感覚かもしれませんが、「人間は」と「〜がある」の繫がりが少し不自然に感じます。

「でも私は〜」
一行目で「私は人間だ」と言っていますから、二行目が正しければ「私」に羨む気持ちがあるのは当然と言えます。つまり反することを言っていないので「でも」が不自然に聞こえます。
「他人を羨む」より「々」という別の対象を羨むという意味なら、その説明があった方が伝わりやすいように思います。

々の代わりに」
になって
々に混ざって
々と一緒に
々」と言うと満天の空全部のようにも聞こえますが、そういうイメージでしょうか。この場合「々の代わりになる」が実現すると、空を見上げたら「私」以外にはが一つも存在しない空になってしまいます。それで合っていますか?
それとも「私」が無数に分散してすべてのになるというイメージでしょうか。

「空にいたい」
一般的に「いる」は生き物に使い、命のないものには「ある」を使うのはご存知でしょう。は無生物なので通常は「空にがある」と言います。ただしの姿をとりつつも意識を持っていると仮定すれば、詩的な表現として「いる」を使うのはありです。

一方「ある(在る)」を生物に使うこともあります。意味は色々ですが、ここで「空にいたい」の代わりに「空に在りたい」と言うと、存在したい場所を強調した表現になります。日常的な言い方ではなく、どちらかといえば 詩的/文学的 な表現だと思います。

私の例文では「在る」を使いました。これは「私」が意識を失って無生物になるという意味ではなく、「空」という場所を強調する意味で選んだ表現です。ただしどちらとも解釈できる書き方なので、その意図が伝わるかどうかは読み手の解釈次第でしょう。

例:
々と空!空と々!私は人間。
人間には他人を羨む気持ちがある(ものだ)。
でも私は他人よりむしろ美しい々を羨み、になって空に在りたいと 思う/願う。
Q: の王子さま (^-^) この表現は自然ですか?
A: You sound great. I recorded the same sentence for you. Please refer to my native pronunciation if you like.
Q: 見たいの? この表現は自然ですか?
A: が見たいの?
を見たいの?

adding が or を sounds better to me ^^

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問