春秋の例文や意味・使い方に関するQ&A

「春秋」を含む文の意味

Q: 春秋に おもひみだれて わきかねつ 時につけつつ うつる心は とはどういう意味ですか?
A: 春秋に おもひみだれて わきかねつ 時につけつつ うつる心は
春秋に:春の方が良いか、秋の方が良いか
おもひみだれて:思い乱れて:考えが定まらず
わきかねつ:分けかねつ:判断しかねている:判断することができないでいる
時につけつつ:季節と共に
うつる心は:変わっていく気持ちは

春の方が良いのか、秋の方が良いのか、考えが定まらず、判断することができない。季節と共に、変わっていく気持ちは・・・
Q: 御邊は、春秋の營みにはなに事をかし給ひけるぞ とはどういう意味ですか?
A:

あなたは、春秋の生活では、いったいどのように過ごしていたのですか?
Q: 春秋に おもひみだれて わきかねつ 時につくつつ うつる心は

見渡せば やまもとかすむ 水無瀬川 夕は秋と なに思ひけん

有大佬能帮忙翻译成中文嘛?稍微文雅一点 とはどういう意味ですか?
A: @tinkerbells: つけつつ

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

春秋

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問