曖昧の例文や意味・使い方に関するQ&A

「曖昧」を含む文の意味

Q: 曖昧な 覚え方 しか して いない 単語 や 言語表現を 自分の ものに したい 時 ? とはどういう意味ですか?
A: When you want to completely master the words or language expressions that you remembered only in an ambiguous manner
Q: what does 曖昧(な) mean in the following 泣きたいくらいだ 曖昧な君の手に 光こぼれおちたら

I  want to cry a little, light scatters in your vague hand
google translate says it means fuzzy but in lyrics translation it says vague. とはどういう意味ですか?
A: 曖昧な can be vague/obscure/fuzzy/ambiguous/unclear by the context.

曖昧な in this verse is too poetic and unclear, so I think you can interpret it in your own way. One thing is for sure, that the 'hand' is not fluffy. 😁
Q: 曖昧 とはどういう意味ですか?
A: ハッキリしない
Q: こんな曖昧に頼るほど とはどういう意味ですか?
A: @junyo: I watched the YouTube and judging from the context it stays "(花占いのような) こんな曖昧(な方法)に頼るほど、君のことが知りたい" it means "I want to know your feelings so much that I am relying on such a unreliable way (as flower fortune-telling)

「曖昧」の使い方・例文

Q: 曖昧さ を使った例文を教えて下さい。
A: よい人間関係をつくるには、言葉の曖昧さが必要なこともある。
Q: 曖昧さ を使った例文を教えて下さい。
A: その曖昧さが、この混乱を招いた。

私は君のその曖昧さが嫌いだ。

時にはその曖昧さも君の武器になる。
Q: 曖昧模糊 を使った例文を教えて下さい。
A: 意味が曖昧模糊としている

The meaning is vague obscure.

事実は曖昧模糊のうちに葬られた

The facts were smothered up.

でも、その感じはまったくもって曖昧模糊としているよ

But it is all very vague and intangible." - JACK LONDON『影と光』

あの人の返答はいつも曖昧模糊として捕えどころがない.

He always gives evasive answers.
Q: 曖昧 、やたら 、 ~じゃないの? 、なのに を使った例文を教えて下さい。
A: 彼の話はやたら曖昧じゃないの?なのに信じるの? ^^)
Q: 曖昧 を使った例文を教えて下さい。
A: @tbizardi12: 彼は曖昧な反応しかしない。

「曖昧」の類語とその違い

Q: 曖昧 と 微妙 はどう違いますか?
A: 曖昧 obscure, vague
微妙 delicate, subtle, fine

曖昧は、対象が不明確で、まぎらわしい点が
あるさまを言います。

一方、微妙は、明確にとらえるのが難しいような、
複雑さや細かさがある場合に言います。
必ずしも対象そのものが不明確ではありません。

例えば、「鳥」(とり)と「島」(しま)には微妙な違いが
ありますが、曖昧さはどこにもありません。
Q: 曖昧 と あやふや はどう違いますか?
A: The both words 「曖昧(aimai)」 and 「あやふや(ayafuya)」have the same meanings like ambiguous/obscure etc..
But there is a slight difference between those two. For instance 曖昧(あいまい) has an another meaning as “suspicious” apart from “ambiguous”, but あやふや doesn’t mean it.

Here are some examples,

曖昧曖昧な(あいまい・あいまいな)】

1. obscure / ambiguous/vague

make an ambiguous remark
曖昧な発言をする(あいまいな はつげんを する)

I only have vague memories of them.
彼らについて曖昧な記憶しかない
(かれらに ついて あいまいな きおく しか ない)


2. evasive

keep an evasive attitude
曖昧な態度を取り続ける (あいまいな たいどを とりつづける)


2. suspicious

getting involved with suspicious business activity
曖昧な事業に手を染める (あいまいな じぎょう に てをそめる)



【あやふや・あやふやな】

1. obscure/ambiguous/vague

vague answer
あやふや答え(あやふやな こたえ)

an obscure memory
あやふやな記憶 (あやふやな きおく)

2.uncertain

uncertain remark
あやふやな発言 (あやふやな はつげん)

moving with uncertain (or unsure) steps
あやふやな足取り(あやふやな あしどり)

3.indecisive/undecided

Leave (the matter) undecided
あやふやなままにしておく。

Take an indecisive attitude
あやふやな態度を取る(あやふやな たいどを とる)
Q: 曖昧(あいまい) と あやふや はどう違いますか?
A: おなじかな。でも、あまり自分はあやふやは使わないかな。
あいまいの方がよく使うと思う。

でも、あやふやを使う人もいます。
例 あやふやにしないで、はっきり言って。
曖昧な言い方だと、相手が勘違いするよ。
Q: 曖昧曖昧模糊 はどう違いますか?
A: Same:) 曖昧 is a short form of 曖昧模糊. We usually use 曖昧.

「曖昧」を翻訳

Q: 曖昧 は 日本語 で何と言いますか?
A: 曖昧(あいまい)
Q: 曖昧 は 日本語 で何と言いますか?
A: 曖昧 あいまい aimai
Q: 曖昧 は 日本語 で何と言いますか?
A: QAの全文をご確認ください
Q: 曖昧 は 日本語 で何と言いますか?
A: あいまい、、、aimai
Q: 曖昧 は 日本語 で何と言いますか?
A: QAの全文をご確認ください

「曖昧」についての他の質問

Q: I've been left (by someone) with...

曖昧な感情に」後は何が書くはずって分かりません😅
A:曖昧な感情に置いていかれる」でしょうか?
ちょっと自信がありませんが。
Q: 曖昧語と擬態語についての問題が困ります

曖昧語。例えば: 結構「肯定と否定、二つの意味がある」、適当「ちょうどいいと勝手にしろ、二つの意味がある」。そして、曖昧語かどうかはわかりありませんけど、今度っていう言葉は、「今回と次回」二つの意味もある。状況によって実際意思を推測するのは大変なのではないだろうかw どうするとよく理解できるのか。

擬態語も。がっかりすっかりしっかりうっかりぎっしりすっきりしっとりたっぷり....めっちゃくちゃいっぱいあるし、覚えることも私にっとて難しすぎる。擬態語は日常生活にはよく使われているのですか?使い熟さなければ日本語の勉強に影響を及ぼすのですか。 日本語のレベルを上げたいから、「習うより慣れよ」っていう諺を心に置いてもっと頑張っていくべきだと思ってる。
A: 書かれた文章を読む限り、すばらしい日本語レベルだと思います。
さらにレベルアップしたいなんて、すごいですね!

例外もあると思いますが、私の感覚で説明すると、

◆結構
「優れている」という意味で使うときは、「結構なお点前」など、「結構な○○」と使います。
「署名だけで結構です」など、「大丈夫」という意味や、「もう結構です」など、「十分だ」という意味で使うときは、「結構です」と使います。
前者は「けっコー」で、後者は「ケッこー」というアクセント(カタカナのほうを強く読む)になるので、それで聞き分けているのかも。

◆適当
私は、「ふさわしい」という意味で使うときは「適当(てきとう)」と書き、「いいかげん」という意味で使うときは「テキトー」と書きます。話し言葉のときも、「テキトーでいいからさ」と、カタカナっぽく発音しますね。

◆今度
「このたび」と言い換えられるときは「今回」、そうでないときは「次回」という印象です。

◆擬態語
状態や動作をそれらしい音声に例えて表現した言葉なので、ネイティブじゃないとハードルが高いですよね。動物の鳴き声だって、国によってかなり異なって聞こえているくらいですから。
「星がきらきら輝く」、「どんどんと太鼓の音が響く」など、擬態語の多くは文章をより鮮明に伝えるためのオプション的要素なので、「星が輝く」や「太鼓の音が響く」でも意味は伝わります。
無理に使う必要はないかもしれません。

それでももっと使いたい!という場合は、よく使われるものから覚えておくとよいかもしれませんね。

「どんどん上達する」、「彼はあっさりした性格だ」、「いらいらする」、「あやしい人がうろうろしている」、「頭にがんがん響く」、「この店はいつもがらがらだ」、「ぎりぎりまで車を寄せて停める」、「ぐずぐずするな!」、「ぐっすり眠ってね」、「げらげら笑う」、「頭の中がごちゃごちゃだ!」、「毎日ごろごろしていたい」……

すごいありますね。

こんなサイトを見つけたので、見れるようなら参考にしてください。
http://pj.ninjal.ac.jp/archives/Onomatope/50_on.html
Q: 曖昧混沌、あるいは混沌曖昧 この表現は自然ですか?
A: 曖昧模糊
Q: 曖昧だと気づいていましたので言い直します。 この表現は自然ですか?
A: ビジネス的な言い方は、
曖昧→誤り
誤りがありましたので訂正致します。(いたします)

これは子供の学校から送られてきたメールです。↓↓

◇お詫びと訂正
12月の給食献立表に誤りがありました。お詫びとともに訂正いたします。

難しい日本語を勉強されていますね!頑張ってください‼️
Q: 曖昧に母親の彼氏がらみの質問を答えた。 この表現は自然ですか?
A: 質問に答えた is natural.

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

曖昧

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問