木の下の例文や意味・使い方に関するQ&A

「木の下」を含む文の意味

Q: 木の下で飯くってたら、気づいたら花食ってた とはどういう意味ですか?
A: 木⇒big tree (like the cherry blossoms),その下で、お弁当🍙などを食べてたら、花びらが落ちて、花も一緒に食べた。と言う意味です。
Q: あの木の下に小さいねこがいました。 とはどういう意味ですか?
A: There was a tiny cat under that tree.
Q: 木の下で休む とはどういう意味ですか?
A: It means to take a rest under the tree.
Q: 木の下にこしを下ろす とはどういう意味ですか?
A: sitting down under a tree.

「木の下」の類語とその違い

Q:木の下【このした】 と ② 木の下【きのした】 はどう違いますか?
A: Both have same meaning, but このした can only be seen in classical literature.
Q: 木の下"に"寝てでいます と 木の下"で"寝てでいます はどう違いますか?
A:
If you want to say someone is sleeping under a tree, and you are not under a tree, you can say 木の下に寝ています。
If you are sleeping under a tree or someone is sleeping under a tree and you are near there, 木の下で寝ています。
Q: 木の下に妹がいます と 妹は木の下にいます はどう違いますか?
A: 意味は同じです。

木の下に妹がいますは、「木の下」が中心、妹は木の下にいますは、「妹」が中心になっているように感じます。
Q: 木の下「に」寝ている人です と 木の下「で」 寝ている人です はどう違いますか?
A: 一般には「木の下で寝ている人です」を使いますが、「木の下に寝ている人です」も間違いではありません。
「で」は行動をする場所を、「に」は存在する場所を表します。

「木の下」を翻訳

Q: 木の下で休んでいる人です。 は 日本語 で何と言いますか?
A: ありがとう ございました

「木の下」についての他の質問

Q: I’m studying japanese’s grammar. But in the books, app and the video lessons i’m using to learn it everyone says that the way of speaking is completely different. I saw videos on YouTube in both formal and non pronunciation, and still I didn’t get what they were saying, even if I studied those phrases. For example If I say: “木の下に猫がいます” how would you say it?
A: それはあまり難しく考える事はありません。
1つのことを言うのに、様々な言い方ができると言うことです。

例えば、僕があなたに問いかけます…
1)イタリア人って陽気な感じがしますが、日本人のことをどう思いますか?

2)陽気な感じですよねイタリア人て、日本人をどう思っている?

3)イタリアの人は陽気だよね、日本人をどう思う?

この3つの言い方は、言い方は違いますが内容は同じことを聞いています。そういうことではないですか?
これはどこの国の言葉でもある事かと思います。
Q: 木の下に立っている。
木の下で立っている。 この表現は自然ですか?
A: ツリーの下。
Q:木の下に猫がどのぐらいいますか。
ーさんびきいます。 この表現は自然ですか?
A: 間違いではありません。しかし少し不自然に思います。動物の数をたずねる場合には「なんびき」がより自然です。
Q: 木の下でピックニックをしています。 この表現は自然ですか?
A: 木の下でピクニックをしています。

日本語英語ではピクニックといいます。
Q: あの木の下に、木漏れ日を浴びた。 この表現は自然ですか?
A: 「で」 is typical in setences like this, but only if the subject of 「浴びた」 is a human being.
It is unlikely to be what the writer meant, but if the subject is the garden overall that is personified,
the sentence will be acceptable, I think. That's because there can be a sentence like this:

彼は、顔に木漏れ日を浴びた。

In the same way, I think I would not be suprised at a sentence like this in some nobel.

あの木の下に木漏れ日を浴びて、庭も幾分か嬉しそうに見えた。

Of course such an interpretation(?) of the original sentence is not normal at all.
In Japanese, such a silly logic is calld 「屁理屈(へりくつ)」. ^^

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

木の下

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問