材木座の例文や意味・使い方に関するQ&A

「材木座」を含む文の意味

Q: 「……材木座、お前テニスできるか?」「任せておけ。全巻読破したし、ミュージカルまで見に行ったクチだ。庭球には一日の長がある」 とはどういう意味ですか?
A: ...Zaimokuza, do you play tennis?

Leave it to me. I have read all the volumes (of The Prince of Tennis) and even went see its musical. I have a bit more experience of tennis than others.

Cultural reference: The Prince of Tennis is the most famous tennis comic by Takeshi Konomi. It got so popular that it has been musicalized.

一日の長 means you have more experience of something than others because you started it a day earlier.
Q: で、材木座材木座で必殺魔球の開発に余念がない。あー、もうどんぐりなげんなどんぐり。それとラケットでクレーコートを穿り返すな。 とはどういう意味ですか?
A:
so, ZAIMOKUZA is eagerly developing the deadly magic ball. Ah, don't throw acorns. don't. And don't dig the clay coat with the racket.
Q: 材木座は鬼の形相のまま、ぐるぐると唸りながら俺を睨む。 とはどういう意味ですか?
A:
grrrの意味だと思うので、回るのとは関係ないはず。(ガルルルとかグルルルとか表現するのが一般的ですが)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

材木座

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問