栄えるの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「栄える」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 例文 1812年、ロシア帝国は、フランス皇帝ナポレオンの侵略を退け、ナポレオン失脚のきっかけを作った。それにより、ロシア帝国は、強大な帝国として「栄え」た。 当時のロシア帝国の首都、サンクトペテルブルクは、現在もロシアの重要な都市として「栄えている」。

    1. 使い方・例文
    2. 街が栄えている。 This means “The town is flourishing.

    1. 使い方・例文
    2. 駅前は栄えているけど、郊外はそうでもない。

  • 「栄える」と類似する言葉 その違い

    1. 類似する言葉
    2. ?同じに見える

    1. 類似する言葉
    2. Do you want to know the difference between 栄え and 盛る(さかる)? We usually don't use 盛る(さかる), but we often use 盛る(もる) that means overstate or exaggerate. However, もる is casual and slightly slangy expression, not formal. Anyway, we often use 盛ん(さかん) instead of さかる. For example: この町はハイテク産業が盛んだ。 この町はハイテク産業で栄えている。 上の2つの意味はほとんど同じです。 しかし、「この町は栄えている」とは言えますが、「この町は盛んだ」とは言えません。 「何が盛んなの?」となります。 逆に「ハイテク産業が盛んだ」とは言えますが、「ハイテク産業が栄えている」とは言えません。「どこで栄えてるの?」となります。 したがって、盛る(さかる)の主語は、うまくいっている物事であり、栄えの主語は、その地域や会社などになるのではないでしょうか? 余談ですが、繁栄と繁盛という言葉もあります。どちらもprosperousと言えると思います。 ただ、私の個人的な感覚では繁栄の方が長期的、繁盛の方が短期的な場面で使うのが正しいのではないかと思います。 長くなってすみません! (私も日本語の勉強になりました😅)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

栄えるの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。