桂の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「桂」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. In short, yes. Because of its unique movement, I think 跳ね戦法 gives a sort of tricky image to you, though.

    1. 文の意味
    2. The Katsura Imperial Villa (in Kyoto, Japan)

  • 「桂」を翻訳

    1. 翻訳
    2. 林の風景は天下第一である.

    1. 翻訳
    2. モくセイ

  • 「桂」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. 林と言えば、やはり山水は有名だろう。実は、初めて林に来たのはもう7年も前のことだ。あの時は、本当に山に囲まれた林の景色にびっくりした。 (ここまで完璧👍) 私の故郷はそんなに高くてたくさんの山がないのだ。 →私の故郷には標高の高い山がそれほど多くはないのだ。 もちろん、あの頃の私は将来、この町に住むとは思わなかった。 (ここまで完璧👍) 今振り返れば、その時から憧れの種を植えたのだろう。 →今振り返ってみると、その時から胸の内に憧れの気持ちが芽生えていたのだろう。 そして、街に行くと、ビルは思うほど低いと気がつく。 →そして、街に行くと、ビルは思いの外(ほか)高くはない事に気がつく。 元住民に聞けば、秀峰山を遮らないように、ビルは秀峰山の高さを超えてはいかないそうだ。 → 元住民に聞けば、秀峰山を遮らないように、ビルは秀峰山の高さを超えてはいけないそうだ。 さすが林だ、と心の中で感心した。👍 陽朔西街はバーの街だ。 → 陽朔西街は飲み屋街だ。 外国人観光客がいっぱいで、みんなの顔には笑いが溢れるほど楽しいそう。 → 街は外国人観光客にあふれ、楽しそうに街道を行き交う彼らの顔には笑いが溢れていた。 私もこの雰囲気に感染されて笑顔を咲いた。 →私もこの街の雰囲気に気圧(けお)されて思わず顔が綻んだ(ほころんだ)。 陽朔西街の傍には漓江がある。漓江は中国でばかりでなくて、世界中でも有名だ。 → 陽朔西街の傍には漓江がある。漓江は中国ばかりでなく、世界中でも有名だ。 私たちは船に乗って、漓江を巡った。👍 漓江は水底の魚が見えるほど澄んだ。 → 漓江は水底の魚が見えるほど澄んでいた。 20元札の風景は実在したとのことは不思議に感じた。 → 20元札の風景が実在したのにはいささか不思議に感じた。 林、素敵だ! 👍 この表現は自然ですか? →林の街の情景が鮮やかに脳裏(のうり)に蘇る素晴らしい文章でした。部分的にほんのちょっと手直しするだけで日本でプロの旅行ライターになれるレベルだと思います👍素晴らしい文章だったので文学的に少しだけ高度な表現を使わせてもらいました。

    1. 他の質問
    2. 私は(は→が)初めて林に来たのは8年前でした。 本の中で林は景色がいい町(景色がいい町→景色がいい町だということ)を知っていました。期待な気持ちを抱いてやっと(期待な気持ちを抱いてやっと→期待を抱き、)林に来ました。林で立派な建物はあんまり(あんまり→あまり)多くないが、木と川がたくさんあリます。林で有名なのは漓の川であリます(であります→です)。遠くから見ると、緑の山と青い水と何か所の竹の筏はまるで水墨画のようだ(はまるで→があり、それはまるで)「林山水甲天下」はやはり名残らず(名残らず→とても)有名であリます。   でも、近く見れば、川の辺(川の辺→川辺)で(で→には、)たくさんごみ(たくさんごみ→たくさんのゴミ)があっていました。どうしてそうなったのかと思っていたと(思っていたと→思っていると)、多くの観光客がお菓子を持って、川辺に立って、景色を楽しみながらおやつを食べていました。しばらくして、おやつのが終わって(おやつのが終わって→おやつを食べ終わり)、人が行って(人が行って→人が去って)、ゴミが残っていた(ゴミが残っていった→ゴミを残し捨てていった)。こころの中で少し悲しくなりました(心の中で少し悲しくなりました→少し悲しい気持ちをいだきました)。 林の景色は美しいが、リスクも伴うし、このままでは林は美しくないだろう(美しくないだろう→美しくなくなるだろう)。林はずっと美しくなってほしいです。 (美しくなってほしいです→美しいままでいてほしいです)   この作文にチック(チック→チェック)をお願いいたします!

    1. 他の質問
    2. 林の第一印象 三年前、大学で勉強するため、初めて林に来ました。父と一緒に、列車で来ました。 林に着くと、すぐに夕方になりました。学校へ向かう車に乗った私は、景色を見ていました。高かったり、低かったする山々が、たくさんがありました。 経済的には、あまり発展していなさそうでした。高いビルが少なくて、賑やかな所ではなかったですから。 間もなく、車は学校に到着しました。夜の学校は涼しい風が吹いていて気持ちが良く、新しい学校に対する緊張感もなくなりました。 入学の手続きをとったあと、寮に帰って、ルールメートに会って、荷物をよく整理して、その日は寝ました。 それが、初めて林に来た時の印象のすべてです。正直なところ、あまり面白くなくて、普通だなと思いました。 しかし、林に慣れるにつれて、今、私はここの景色が大好きです。綺麗な空、月、星、花などに全部、深い印象を持っています。 大学のあいだに機会を作って、林のことをもっと良く知るために、いろいろな経験をしたいと思います。 自然が豊かで美しい、すてきなところですね。

    1. 他の質問
    2. ​‎林の第一印象 私が初めて林に来たのは、大学に入学した時でした。私の実家は林から遠くないありません。ですから、出発前は林へ行くことに変化を感じられませんでした。林には期待していなかったです。 私は同じ大学ではありませんが林の大学へいくことになった仲間と一緒に林へ向かいました。 午前4時に林に到着すると、こんな時間でも、駅には大勢の人がいました。観光客が多く、外国人観光客もたくさんいました。 林にはたくさんの山があり、都心にも山があります。建物の階段は低いです。空気は私の故郷より乾燥していて、寒いです。特に九月の気温が低いと思います。 林は、どこでも自然の風景が見えます。そんなに近代的な都市ではないです。はじめは大学へ行く途中で、こんなに辺鄙で、山を囲まれたところに本当に大学があるのかと思いました。 この作文にチックをお願いいたします。

    1. 他の質問
    2. ズラじゃな い↓カ↑ツラ→ダ↓

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

桂の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。