機会の例文や意味・使い方に関するQ&A

「機会」を含む文の意味

Q: Parasite機会があったら見てみます!!! とはどういう意味ですか?
A: It means "Parasite, I try to see it if I have a chance".

機会=chance (or opportunity)

機会があったら=If I have a chance.

見てみます=(I) try to see (it)


Q: 機会が巡ってきて とはどういう意味ですか?
A: 「チャンスが来た」という意味です。
Q: こういう機会でもないと想い人に花を贈る勇気も出ませんからね とはどういう意味ですか?
A: Without an opportunity like this you don't dare to give someone who you love flowers.
Q: 機会があったら是非!お越しください♪ とはどういう意味ですか?
Q: 機会音痴 とはどういう意味ですか?
A: 音痴 originally means "have no sense of singing", becsuse 音 means "sound".

But we often use it with something other than "sound".

機械 means "machine", so 機械音痴 means "have no sense of machine", even though it has nothing to do with "sound".

We also have 運動音痴, meaning "have no sense of sports."

「機会」の使い方・例文

Q: 機会 を使った例文を教えて下さい。
A: 機会にめぐまれた。

機会をあたえられた。

機会をうしなった。
Q: 機会 を使った例文を教えて下さい。
A: 話をすることで自分を曝け出すことを恐れず、英語で他人としゃべるあらゆる機会をとらえなさい。そうすればじきに形式張らない会話の場面で気楽になれるであろう。 
彼は勉強の機会を出来るだけ利用したいと思った。 

彼は彼の機会を最大限利用した。 

彼は発言の機会をうかがった。


Q: 機会 を使った例文を教えて下さい。
A: 機会があれば、また食事に行きましょう。
get a chance

「機会」の類語とその違い

Q: 機会 と チャンス はどう違いますか?
A: 意味は 同じです。
機会は 日本語、チャンスは 英語のchanceが 日本語になったものです。
公式な書類などは、「機会」と 書かなければいけませんが、会話や 手紙・メール・小説などでは、簡単な「チャンス」の方が、よく 使われます。
Q: 機会 と きっかけ はどう違いますか?
A: 近い表現でよく使いますが

機会はタイミングなど時などを表す場合

きっかけは動機や理由
などです。


私はプログラミングをする機会がありませんでした。
->するタイミング、巡り合わせなどがなかった

私はプログラミングをするきっかけがありました。
->する原因、した理由
Q: 機会 きかい と 好機 こうき はどう違いますか?
A: To put it very roughly, it is kind of the difference between 'opportunity' and 'chance'.

「お仕事をいっしょにできるこの機会を光栄に感じております。」
(I'm looking forward to the opportunity of working with you.)

「株価がまた上がってきた。この好機に乗じてまたお金をかせぐぞ!」
(Looks like the stock market is going up again. This is a new chance for me to earn much money again!)
Q: また機会があったら と また機会があれば はどう違いますか?
A: "あったら"よりは"あれば"の方がよりしっくりきますが、あまり大きな違いはありません!
Q: 機会 と きっかけ はどう違いますか?
A: 機会 opportunity
きっかけ trigger ,something inspired you to start doing something

「機会」を翻訳

Q: この機会を逃さないで と
この機会を逃せないで
どちらが正しいですか。 は 日本語 で何と言いますか?
Q: if we get another chance, let's play together.
“また機会ガあったら一緒に遊びましょ”
A: QAの全文をご確認ください
Q: - こんな機会はめったにあるものではない。」と「こんな機会はめったにあらないものです」の違いとは は 日本語 で何と言いますか?
A: 「こんな機会はめったにあらないものです」この表現は無く、「めったに無い」というと思います。
意味は最初の文と同じです。

「機会」についての他の質問

Q: 機会があればも一度OOさんと一緒にスパゲッティを食べたいな~ この表現は自然ですか?
A: 「もう一度」「う」が必要です。
Q: 機会があったら、兵庫県北部にいらしてください。ご案内しますよ。
うれしいです。お言葉に甘えてします。ぜひぜひ!(*^-^*) この表現は自然ですか?
A: お言葉に甘えて是非伺います。
おことばに甘えてぜひうかがいます。
Q: この機会を与えてくれてありがとうございます。( I want to say it to a boss.) この表現は自然ですか?
A: It's good, but I would say 「この機会を与えてくださってありがとうございます」to a boss.
Q: How do you say "Grasp or seize an opportunity?"

機会を取る?機会を握る?
A: 機会を得る
Q: この機会を大切にしていて、先生にとても感謝しています。本当にありがとうございました! この表現は自然ですか?
A: おそらく、一般的には次のような表現になると思います。
貴重な機会をいただき、先生にとても感謝しています。
貴重な機会 an important opportunity.

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

機会

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問