欺くの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「欺く」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. Deceive

    1. 文の意味
    2. うそをついてだますこと

  • 「欺く」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 彼に欺かれた。 敵を欺き味方を勝利に導いた。 まさかあの人に欺かれるなんて。

    1. 使い方・例文
    2. この約束を果たさなければ、私はあなたを欺くことになる そんな心配はするな。欺かれることは覚悟のうえだ。

    1. 使い方・例文
    2. QAの全文をご確認ください

  • 「欺く」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 欺く is the most formal. ・敵を欺くにはまず味方から。(proverb) ・犯人は警察の目を欺いて逃亡した。 騙す is common. ・彼は老人を騙して大金を奪った。 ・そんな子供騙しの手には引っかからない。 はめる is the most casual ・ライバルを罠にはめる。 ・しまった、はめられた!

    1. 類語
    2. 両方とも相手を裏切ることですが、裏切り方が異なります。 「騙す」は、主に言葉で相手にうそを信じさせることです。 「欺く」は、主に相手の期待や想像に反する行動をすることです。 例 犯人は子どもを騙して誘拐した。 あいつの言ったことは全てうそじゃないか!騙された! 銀行を騙して金を引き出した。(「欺いて」も可) 監視の目を欺く行動で逃げ出した。 皆さんの信頼を欺く結果になってしまいました。

    1. 類語
    2. Both 欺く and 騙す mean to cheat, but there is a bit difference. 欺く is used when someone breaks a trust, a belief or a think, as result. 騙す looks to cheat intentionally. ex. - 彼は老人を騙して金を奪っている。 (騙して is more appropriate than 欺いて) - 彼は医者になれず、両親の期待に欺くことになった。 (騙す is never used. He was not intentional.) - この虫の模様は、人の目を欺いて隠れるためのものだ。 (欺く can be used for eyes, ears or expectation. 騙す can't be used.)

  • 「欺く」を翻訳

    1. 翻訳
    2. 의미는 둘 다 똑 같지만 騙す가 일상적으로 흔히 쓰이는 표현입니다. 欺く는 문어적이고 騙す보다 어감이 딱딱한 느낌이 듭니다.

  • 「欺く」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. おそらくですが、 「この文には、あるAという単語と一緒では、『騙す』が使えるかそれとも「欺く」しか使えないのか?」 という厳密に区別される、ということではないです。「欺く」と「騙す」はその言葉が表す状況は似ているが、ニュアンスが違うため、「読み手が思い浮かべる状況」がちょっと違ってくる、ということなんです。 「騙す」は最も一般的に「deceive」を意味する言葉なので、「欺く」は「騙す」の一つのパターンです。(もちろんニュアンスが違ってくるので、いつもinterchangeableではないです。)「欺く」のほうが、狭義です。 欺く=「言葉を巧みに使い・もしくはトリックを用い・『鮮やかな手法/clever and slick trickで』」というニュアンスが出てくると思いました。(場合によっては「欺かれたほうの人間(被害者)も『よく人をだますのにあんなうまい方法があったもんだわ』『やるな、あいつ』と変に唸ってしまう場合もあります。もしくは手口が鮮やかすぎて、被害者も最後まで自分が欺かれていたこと自体に気づかない、とか。多分、特にマンガ等では。)稚拙な(特にどの子供でも思いつきそうな)方法では「欺く」は使いません、おそらく。 (ご存知かわかりませんが、「HUNTER X HUNTER(ハンターハンター)by 冨樫義博氏」というマンガ・アニメに出てくるキャラクターたちは、よく「欺いて」(欺き合って)います。知恵の駆け引き、みたいなマンガです。あと、「DEATH NOTE」のキラも「欺く」的な行為を行うことが多いですね。 1. 彼は他人を(騙して/欺いて)金を手に入れた。 ○1-A 彼は他人を(騙して)金を手に入れた。 →詐欺行為する人はすべて描写可能。結婚詐欺師とかも含む。プロアマ問わず(要は常習犯か否か)一度きりの犯罪行為もさす。子供の行為もさす。 ○1-B 彼は他人を(欺いて)金を手に入れた。 1-Aと大体は同じだが、もし子供の行為なら、「悪知恵のついた子供」という印象。将来が心配になる。(詐欺行為の行われ方、つまり手口の巧妙さの程度によって、『欺く』という描写が当てはまるかが決まってくると思われる。ケースバイケース、です。) ○1-B2彼は街中の人を(欺いて)金を手に入れた。 →よほどの知能犯。フィクションでの話なら、どんな手口だったか興味が出てくる、かも…。 2. 愛していた妻が私を(騙した/欺いた)。 ○2-A. 愛していた妻が私を(騙した)。 →不貞行為に関係あるかもしれないしないかもしれない。どちらともいえない。 (騙すやりかた→)「たとえば、同窓会に行ってくる、と言って、実はどこか別の場所に行っていた」 →(不貞行為自体は、妻が夫を「裏切った」を多用します。騙すだけなら不貞行為はあんまりほのめかされません。) ○2-B. 愛していた妻が私を(欺いた)。 →(愛していた、は使ってないけれど)「妻が私を欺き、いつの間にか目を二重にする整形手術を受けていたようだ。ずっとアイプチだと思っていたな。いつの間にしたんだ。まああそこまで自然ならそんなことどっちでもいいことか。」 >>「欺く」が適切と思いますが、「騙す」は全くだめですか。大丈夫ですか。 どちらも適切ですが、言い表せる状況が、どちらを使うかによって違ってきます。 3. あいつの言葉は全部嘘じゃねーか!(騙されたんだ/欺いたんだ)! ○3-A あいつの言葉は全部嘘じゃねーか!(騙されたんだ)! →まあ、これはよくある状況ではないでしょうか。 ×3. あいつの言葉は全部嘘じゃねーか!(欺かれたんだ)! この文単体では不自然です。文脈によっては大丈夫かもしれませんが、そういう状況は多くはないでしょう。 まだご質問がございましても大丈夫ですので、お気軽にどうぞ。

    1. 他の質問
    2. QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

欺くの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。