歩むの例文や意味・使い方に関するQ&A

「歩む」を含む文の意味

Q: 歩む物語 とはどういう意味ですか?
A: QAの全文をご確認ください

「歩む」の使い方・例文

Q: 歩む を使った例文を教えて下さい。
A: 私は彼と共に人生を歩んできた

「歩む」の類語とその違い

Q: 歩む と 歩く はどう違いますか?
A: 歩むはこれまでの経歴やこれからの進路などの実際には何か目にすることのできない場合に使います。
歩くは道路や場所など実際に目で見えるものの際に使います。
例文↓
これからは寿司職人の道を歩む
東京駅前の道を歩く。
Q: 歩む と 歩く はどう違いますか?
A: yes, 「歩む」has more meanings than simple walking
some examples of「歩む
出世街道を歩む:to take the highroad to success
人生を共に歩む:to spend our lives together
Q: 歩む と 歩く はどう違いますか?
A: 歩く=実際に足を動かして前に進むこと

例: 毎日、健康のために5キロ歩く。

歩む: 歴史や、進歩、未来への道

例: 残りの人生を二人でゆっくりと歩む

株式会社○○、100 年の歩み
Q: 歩む と 歩く はどう違いますか?
A: 「歩く」は道を歩くのような実際の行動を表すのに使います。
歩む」は「歩く」と同じ意味で使うこともありますが、小説などで使われるような文語的(ぶんごてき)な雰囲気(ふんいき)があります。
さらに、「人生を歩む」「目標に向かって歩む」のように、実際の行動ではない、イメージの中で進んでいくことを表すのにも使われます。
Q: 歩む と 歩く はどう違いますか?
A:歩む」は、経験する、進行するという意味で使います。
→父と同じ道を歩む、信仰を歩む

「歩く」は、単にwalkです。

「歩む」を翻訳

Q: 歩む は 日本語 で何と言いますか?
A: 歩む(あゆむ)

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

歩む

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問