毬の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「毬」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. またお会いしました。 山寺の和尚さんが はけりたし はなし 猫をかん袋に 押し込んで ポンとけりゃ ニャンとなく ニャンがニャンとなく ヨイヨイ 童謡 、山寺の和尚さんの歌詞です。 山寺の和尚さんはを蹴りたがったが、なかったから猫を袋に入れて蹴ったという歌です。 童謡には、ときどき恐ろしい歌詞が含まれていますね。 ボールのことをとはいいません。最近、手唄を歌いながらをつく子供もあまり見かけなくなりました。 ちなみに、をドリブルさせることを"をつく"といいます。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

毬の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。