気付くの例文や意味・使い方に関するQ&A

「気付く」の使い方・例文

Q: 気付く を使った例文を教えて下さい。
A: 私の子供をあやしているのが全く知らない人だということに気づいた。
Q: 気付く を使った例文を教えて下さい。
A:
スーパーのレジ係が、その男が万引きしていることに気付いた。
The supermarket cashier noticed the guy shoplifting

先生が私のことを好きだということに気付いていた
I knew the teacher loved me.
.
I'd appreciate if you could answer my latest question about English too ( please check my account) :)

「気付く」の類語とその違い

Q: 気付く  と 気が付く はどう違いますか?
A: ありがとうございました
Q: 気付く と 気が付く はどう違いますか?
A: ほぼ同じです。
ただし、まれに「気がつく」は「気が利く」と同じ意味で使われることもありますが、「気付く」はそのような使い方はしません。
Q: 気付く と 伝える はどう違いますか?
A: 気づく perceive / realize / notice
伝える tell / notify / publicize
Q: 気付く と 気にする はどう違いますか?
A: 気づく is like "notice something", "realize something".
Here are the examples.

I noticed someone standing there.
私は誰かがそこに立っているのに気づいた
I didn't realize you were there.
そこにあなたがいることに気がつかなかった

気にする is like "mind something", "worry about something", care about something".

I don't care.
気にしないよ
Never mind.
気にしないで
I'm worried about what other people think.
他の人の考え(意見)を気にする

In my opinion, 気にする is often used in a negative sentence.

「気付く」を翻訳

Q: 気付く和見かける有什麼不同 は 日本語 で何と言いますか?
A: 気付く:發現 彼は財布を無くしたことに気付いた。
見かける: 看見 彼は駅で王さんを見かけた。

「気付く」についての他の質問

Q: 気付くまでの発音を音声で教えてください。
A: QAの全文をご確認ください
Q: I want to say " It is not difficult to realize" in Japanese. 「気付くことが難しくない」はいかがですか。教えてください、お願いします。
A:気付くこと"は"難しくない」is better than using "が." But this will depend on a context.
Q:気付く(きづく)」と「築く(きずく)」の発音を読んでくださいの発音を音声で教えてください。
Q: 「~を気付く」「~に気付く
どちらも正しいでしょうか?いつも「~に気付く」だけが正しいと思いましたが…

よく考えたら、「残酷な天使のテーゼ」の


『だけどいつか気付くでしょう 。。。(略)。。。 羽根があること』



倒置して、「羽根があること(を)気付く」なら、その「を」が省かれたのは自然な話し方だと思いますが、


「羽根があること(に)気付く」の助詞の「に」はそう簡単に消えられるような助詞でしたか?

それとも、歌詞だから文法のルールはそこまで厳しくはない、という理由だけでしょうか…


よろしくお願いします!
A: 気付くは「に」しか取りませんのでその文も「に」が省略されたものと思われますが、省略されてる方が不自然に聞こえますので、もしかしてその中略の部分にある別の言葉に掛かるんじゃないですか?
つまり、「羽根があること」が「気付く」ではなく中略にある他の言葉に掛かっていないかという意味です。
Q: 気付くことが可能なのは彼が同じ意見を持っている。 この表現は自然ですか?
A: もしかしたら、
気付くことが可能なのは(=why he can~ is)彼が同じ意見を持っている”からだ”(=because of~)。
でしょうか。

気づくことの主語は”彼”ですか?
何かの文章の一部だとは思うのですが、彼が誰と同じ意見を持っているかわからないので気になります。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

気付く

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問