沿うの例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「沿う」の使い方・例文

    1. 使い方・例文
    2. 「家々が川に沿って建てられている。」

  • 「沿う」の類語とその違い

    1. 類語
    2. 「従う」には「後ろについて行く」という意味があります。 「沿う」には、「長く続いているものに、離れないように付き従う」という意味があります。 例) 野球場までの道を、前を歩いている人に『従って』歩く 曲がりくねった川に『沿う』ように、桜並木が続いている 나는 한국의 음악을 사랑 해요

    1. 類語
    2. 意味が違います。 ①沿う  "もの" や "人" から離れないようにする ②追う  to follow something or someone that goes before you

    1. 類語
    2. 多くの場合はほぼ同じ意味で使われますが、基本的に「沿う」は並行する、「従う」は後からついていくという意味を持ちます。そのため、 1. 「川の流れに沿う」は川と並行して進む(川には入らない)という意味だが「川の流れに従う」は川に流されるままにする(川に入る)という意味になる 2. 案内人に従う、のように、誰かについていくという意味では「従う」しか使えない 3. 年を重ねるに従って、のように、ある現象の原因を言う場合は「従う」しか使えない というような違いになると思います。

  • 「沿う」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. QAの全文をご確認ください

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

沿うの前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。