注目の例文や意味・使い方に関するQ&A

「注目」を含む文の意味

Q:注目すべきは、今年1月に行われた菅前首相の施政方針演説には『現在、両国関係は非常に厳しい状況にある』という文言があったが とはどういう意味ですか?
A: "〜(という)状況にある" の逆の意味は "〜(という)状況にない" 。
I think they are kinds of set phrases. No kanji.

危険な状況にある。
安心できる状況にない。
Q: 注目のカード とはどういう意味ですか?
A: みんなが注目する対戦の組み合わせのことです。
トーナメントなどで、優勝候補や人気のあるチーム・人
同士が当たったときに言うことが多いです。 
例:ブラジルVSドイツ(サッカー)
Q: 注目されています。 とはどういう意味ですか?
A: Your analysis is right. 🙂
Q: 注目発言 とはどういう意味ですか?
A: 本来は、“注目の発言”が自然ですが、
たぶん、ニュースや新聞では文字の制限があるから”の”を省いているのだと思います。

I think “注目の発言” is natural but newspapers or magazines are limited in characters so “の” is omitted.
Q: Could someone help me translate this ? I know 注目 means "attention" but I don't really understand the point of using this word ? Is it used to create an effect, like "Attention ! (This is so good you will be blown away !) 水だけで...) ?
Thank you! とはどういう意味ですか?
A: 水だけで only with water
洗剤(detergent) 不要(unnecessary, needless)

「注目」の使い方・例文

Q: 注目される を使った例文を教えて下さい。
A: 大坂なおみ選手はグランドスラムでの優勝で一躍注目された。
Q: 注目 を使った例文を教えて下さい。
A: みんなの注目をあつめる。
ここに注目してください。
Q: 注目する を使った例文を教えて下さい。
A:
あの選手の今後の活躍に注目する。
あの国は世界が注目している。
Q: 注目 を使った例文を教えて下さい。
A: こちらに注目してもらうと分かるように…

(to students)
はい、注目!

注目の選手がやってきました。

「注目」の類語とその違い

Q: 注目 と 注意 はどう違いますか?
A: 注目: atención
注意: caución
Q: 注目 と 着目 はどう違いますか?
A: 注目
目をむける、つまり、いしきを(対象に)むけること。

着目
目を着ける、つまり、いしきを(対象に)置くこと。

注目の的
×着目の的

○いいところに着目したね
○いいところに注目したね

ほとんどいっしょの使いかたです。
Q: 注目 と 注意 はどう違いますか?
A: Each one has a different meaning.

注目=attention, watch, notable.

その新型自動車は世間の注目の的となった。
The new model of that car has attracted a great deal of public attention.

注意=attention, mind, give advice, warn, point out.

火のそばへ行かないようにって、何度注意したらわかるの。
How often do I have to tell you to keep away from the fire?
Q: 注目を浴びている と 注目を集める はどう違いますか?
A: There is little difference between them
違いはほとんどありません
Q: 注目を浴びる と 注目を集める はどう違いますか?
A: どちらも人々の視線や関心が自分に集中することですね。
文法的には「注目を浴びる」は passive voice、「注目を集める」は active voice の表現です。

注目を浴びる」は、状況そのものを説明しているように感じます。

一方、周囲の視線/関心を自らの意思で積極的に集める場合は「注目を集める」を使う方が適切に感じます。

微妙な使い分けなので、人によっては違うかもしれません。参考程度にどうぞ。

「注目」を翻訳

Q:注目の真中、ある物についての注意」は日本語で何と言いますか?英語では「Main point」なのだけれど、この言葉は日本語でどう表現できますか?
例えば、「このカフェの(Main point)はメイドさんたちの美しさですよね?」とか、
日本語でも(Main idea)は何というんでしょうか? は 日本語 で何と言いますか?
A:
要点、主要点、主眼、主眼点は、確かに事柄の大事な点、最も大事な点としての意味はあります。


ただ、カフェにおける大事な点を指し示す言い方ではありません。

会話をし、その会話の中での話の大事な点を意味するのは要点です。

例)
A:この間、友達とカフェに行ったよ。
B:どうだった?
A:カフェの外観も内装も、乙女心をくすぐるような可愛さと美しさがあったよ。
B:そうなんだ!
A:特にね、カフェのメイドさんたちがとっても美しかったの。だから、同性客はもちろん、男性客にも人気で店内は賑わっていたよ!


今回の(話の)要点は、カフェのメイドさんたちの美しさがカフェが人気な理由です。


主眼、主眼点は、ビジネスの場面や研究論文など、堅い表現が好まれる場所で使われます。

主要点は、物理用語でしょうか?
不確かで申し訳ありません。
Q:注目のナナちゃんのファッションについて

4月から6月には水着、1月、7月にはクリアランスセールの法被など、季節ごとに変わるらしい。また、春秋の交通安全運動キャンペーンのたすき、冬の火災予防運動キャンペーンのたすきなど、社会にも一役買っているそうだ。 は 日本語 で何と言いますか?
A: 日本語じゃん。

ナナちゃんキャンペーン?

「注目」についての他の質問

Q: 注目されだした。
「されだした」はどんな使い方ですか。
A: 「される」は「する」の”受け身”の形で、その動作の主語が動作の受け手になることを示します。「動詞+(し)だす」は「〜(し)始める」と言う意味です。(「だす」は「だした」の原型)です?。)つまり、「されだした」は、ある動作(ここでは「注目する」)を受け始めたということです。

「〜する」という形をとる動詞の受け身の形と、「〜だす」を組み合わせて過去形にするとと、「〜されだした」と言う形になります。

(例文)
理解されだした(「理解する」in 受け身+「〜だす」in 過去形)
(Something) started to be understood



Q: 「~を注目する」?「~に注目する」?
A: 「〜に注目する」が正しいです。
Q:注目すべきポイントを絞りしました。」

What does 絞る mean here? Maybe like, "We narrowed it down to the points that you should focus on." Is that right?
A: 絞る is to squeeze or narrow it down
Q: 注目(ちゅうもく)ニュースはどう分類される?

速報は時間で、ランキングは人気で …
A: 多分そうだと思います。でも選ぶ基準(大事だと思う基準)はわかりません。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

注目

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問