満潮の例文や意味・使い方に関するQ&A

「満潮」を含む文の意味

Q: 満潮の潮時にかかる。 とはどういう意味ですか?
A: 私が馬鹿なだけかもしれませんが、意味が分かりません。
多分、この意味を答えられる人は凄く少ないと思います。

満潮(まんちょう)とは、海の潮が満ちることです。
潮時(しおどき)とは、ちょうど良いタイミング(潮が満ちるタイミング)、みたいな感じでしょうか。
本来の意味はどちらも同じような意味だと思います。

しかし、満潮は海の潮が満ちるタイミング、でしか使いません。
例えば、もう満潮を過ぎたから今から浅くなってくるね(海水の水位が下がってくるね)
このような使い方です。

潮時は逆に、潮の満ち引きに関しては使いません。
使い方としてはこのような使い方が多いです↓
もう夜も遅いしそろそろ潮時だな、店を閉めようか
(もう夜遅いしそろそろ引き際だね、店閉をめようか)
さっきまで魚が釣れていたのに一気に釣れなくなったね、そろそろ潮時だね。
(さっきまで魚が釣れていたのに、一気に釣れなくなった、そろそろ引き際だね)



私が予想で質問の文章を理解するとすれば、
満潮が(満潮になった潮が)引き始める。
という意味かなと予想します。

「満潮」の類語とその違い

Q: 満潮・干潮 と 満ち潮・引き潮 はどう違いますか?
A: 潮が満ちていくこと:満ち潮
潮が最も満ちている状態:満潮
潮が引いていくこと:引き潮
潮が最も引いている状態:干潮
という使い分けがされていると思います。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

満潮

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。

新着質問
話題の質問
オススメの質問