滅法の例文や意味・使い方に関するQ&A

  • 「滅法」を含む文の意味

    1. 文の意味
    2. 滅法(めっぽう)は古い言葉、あるいは文語的な言葉です。日常会話ではあまり使いません。 「滅法」の意味は「ものすごく」と似ていますが、特に肯定的な意味で大きさや強さ、偉大さなどが並外れているものに対してつかいます。 現代では特に形容詞「強い」と相性が良く、他の使い方を見ることはあまりありません。 あの男は喧嘩が滅法強い。 彼はお酒が滅法強い。 私の父はチェスが滅法強い。

  • 「滅法」についての他の質問

    1. 他の質問
    2. 滅法」は、常識を外れたという意味です。その意味で、「とても」よりも強い意味を持ちます。 「やけに」はもっと主観的です。 なお、いずれもポジティブな表現、ネガティブな表現の両方に使うことができます。 例 けんかが滅法強い。 寒さに滅法弱い。 とても感動した。 走るのがとても苦手だ。 やけに機嫌がいいね。 彼はやけに行くことを嫌がるね。

関連する単語やフレーズの意味・使い方

新着ワード

滅法の前後の言葉

HiNativeは、一般ユーザー同士が互いに知識を共有しあうQ&Aサービスです。回答が必ず合っているという保証はございません。